Openeing Ceremonyがトランプ大統領への強力なカウンター | 市民的不服従と多様性を求めるバレエダンスショーケースを開催

Openeing Ceremonyは市民的不服従と多様性を求めるバレーダンスショーケースを行った。それはニューヨーク・ファッションウィークの12日前、そしてドナルド・トランプが中東7カ国出身者の入国を禁じ、シリア難民の受け入れを停止する大統領令に署名したすぐ後だった。

デザイナーのHumberto LeonとCarol Limは、コレクションをランウェイ・ショーケースという形ではなく、コレクションを政治的メッセージを全面に押し出したプレゼンテーションであるバレエ劇「The Times Are Racing」を催した。

Beautiful ballet #thetimesareracing #nycballet #openingceremony #thankgodforart #dance #unite ??❤

A photo posted by Andrew Taylor (@andrewleetaylor) on

振り付けはNew York City BalletのJustin Peckが行い、Opening CeremonyのスローガンTシャツを身にまとったNew York City Ballet Companyが出演。Tシャツには “Defy(反抗せよ)"、“Protest(抗議せよ)”、“Unite(団結せよ)”、“Fight(戦え)”というメッセージが書かれている、Opening Ceremonyのアクション・カプセル・シリーズの一つとして販売される

LeonはThe Hollywood Reporterの取材に対して「わたしたちはそれらをアクション・ワードと呼んでいるよ」と答えた。「素晴らしい少年少女たちをステージに迎えて、若者をエンパワーして、声を与えるためだよ。これらは行動の呼びかけで、すべての個人に自由をもたらそうっていうアイディアなんだ」と語った。

これらは偶然ではなく「計画したものだよ」と答える。

Opening Ceremonyは昨年秋にも大統領選挙に関するテーマでショーを行っている。

RELATED

Rihannaがトランプ大統領が自身の楽曲を無断で使用したことに対してキレる

先日、Pharrellがトランプ大統領に対し、自身の楽曲“Happy”を演説の際に使用しないよう求めたというニュースがあったが、またしても同じようなことが起きた。

Supremeがトランプ大統領による性的虐待の告発者に捧げるTシャツを発表

SupremeとフォトグラファーのRichard Princeが、トランプ大統領による性的虐待の被害に遭った18人の女性たちをフィーチャーしたTシャツを発表した。

Pharrellがトランプ大統領に対し、演説の際に自身の楽曲"Happy"を使用しないよう求める

アメリカではまもなく中間選挙が行われる。アメリカ国民がトランプ大統領にどのような審判を下すのか世界中の注目が集まっているわけだが、トランプも良い結果を得るために、各地で集会を開き演説を行っている。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。