Thrasher、TRANSWORLD SKATEBOARDING、スケート雑誌の世界に迫るドキュメンタリー『Devoted』

音楽、ファッション、どんなカルチャーであれ雑誌というメディアによってシーンは形成され広まっていった部分は大きいだろう。それはスケートでも一緒だ。現在でもファッションブランドとしても高い人気をほこるThrasher、TRANSWORLD SKATEBOARDINGなどがシーンの新しい流れやスターを紹介してきた。そんなスケート雑誌の世界に迫る1本のドキュメンタリーが製作された。

製作したのは様々なスケートブランドともコラボを行っているアーティストのLucas Beaufort、タイトルは『Devoted』だ。

LucasはJenkemのインタビューで「僕は雑誌に囲まれて育った。当時雑誌は毎月の贈り物だった。僕はSugar Magazineを定期購読していた。それは僕にとって、とても大切なことだった。20年経って出版物が僕の人生にどれだけの影響を与えたか気付いたんだ。スケートシーンを写し取るのに生涯を支えてきた人々に敬意を払う必要があると感じたんだ」と製作の動機を語っている。

スケートカルチャーの重要人物たちが雑誌についての思いを語るドキュメンタリー『Devoted』はトレイラームービーが公開されている。

RELATED

tofubeatsが本日リリースの"RIVER"のティザームービーを公開 | 映画『寝ても覚めても』のシーンを使用

tofubeatsが10月にリリースするニューアルバム『RUN』から、濱口竜介監督の映画『寝ても覚めても』の主題歌となっている"RIVER"を本日先行リリースした。

渋谷の街頭ビジョンを用いた『NEO SHIBUYA TV』にアート作品を紹介する番組が登場

渋谷の9機の街頭ビジョンを用いて、広告だけではない映像作品を輩出し、新たな街頭ビジョンの可能性を、創造の分野で追求するプロジェクト『NEO SHIBUYA TV』。

tofubeatsのニューアルバム『RUN』から映画『寝ても覚めても』の主題歌"RIVER"の先行リリースが発表

10/3(水)に4thアルバム『RUN』をリリースするtofubeatsが、収録曲で映画『寝ても覚めても』の主題歌である"RIVER"の先行リリースを発表した。 この楽曲は『寝ても覚めても』の濱口竜介監督の前作『ハッピーアワー』に、tofubeatsが深く感銘を受けたことが縁で書き下ろしたこれ...

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。