ジャマイカのレコード産業についてのショート・ドキュメンタリー『Pressing Matters in Jamaica』

レコードのサービス、販売等を行うイギリスのThe Vinyl Factoryがジャマイカのレコード産業を追ったショートドキュメンタリーを公開した。「ジャマイカで生まれたものはラスタ、ガンジャ、レゲエミュージック」という台詞から始まる同ムービーは今では失われたジャマイカのレコード産業の歴史の痕跡を辿ったものだ。

イギリスのジャーナリストVivien Goldmanが監修し、ジャマイカのレコード店や重要人物たちのインタビューを収録。

ムービーにはレゲエアーティストのEarl"Chinna"Smithや現地のDJ、ミュージシャンなどが出演し、いかにしてジャマイカのレコード産業が独自の成長を遂げたのか語られる。また、ジャマイカにあるスタジオや製作に使われていた機材、レコードなどの描写から独特なレコードカルチャーの空気感が伝わってくる。

 

『Jamaica Music Museum』のキュレーターHerbie Millerは「ジャマイカには多くのスタジオやプレス工場もあり、無名なプロデューサーや有名なプロデューサーがいる。それらがジャマイカのスピリットをレコードのグルーブに落とし込めた」と説明し、ジャマイカのレコード産業を「この国の最も大きな名刺だ」と語る。

ジャマイカはかつてスタジオを併設したレコード工場を持っていたが、ここ数年は新しいメディアにおされレコードの生産はストップしていた。しかしFNMNLでもお伝えしたように、Bob Marleyが創設したスタジオ、レーベル、レコード工場のTuff Gongが復活し、レコードビジネスの世界にジャマイカが復帰する。

RELATED

ロンドン、東京、世界を結ぶ注目のコミュニティがキュレートするレコードレーベルが始動

多くの芸術家や音楽家が集まり現在のロンドンでも最も活気のあるエリアハックニー地区の倉庫跡地で、レジデントDJのCedric Wooら3人のファウンダーによって13年以上も開催される人気パーティー「Beauty & The Beat」

ShureのDJ用カートリッジが今夏で生産終了へ

クラブでプレイするDJの定番カートリッジとして愛されてきたM44-7などを含むShureのフォノグラフカートリッジが、今夏で生産終了されることがわかった。

下北沢ケージで『TOKYO RECORD MARKET』が開催 | 人気レコード店に加えCaptain VinylやDJ SPINNA、須永辰緒など豪華ゲストも出店

5/3(木・祝)に下北沢ケージにて、全国からレコードショップ18店と、22組のアーティストフリーマーケットが集合した『TOKYO RECORD MARKET』が開催される。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。