Childish Gambinoの発言により、MigosにTV出演オファーが殺到

アトランタのラップグループMigosの待望のニューアルバム『CULTURE』がついにリリースされた。Migosにとって初となるビルボードチャート1位の曲となった"Bad and Boujee"や、映画『レヴェナント』を模したMVも話題の"T-Shirt"などを収録したアルバムは、リリース前からも大きな話題となっている。

しかしいまやアトランタを超え、全米の大人気グループとなったMigosにも、越えられない壁があった。それはTVだ。

MigosはこれまでもTV局側に積極的に出演の働きかけを行ってきたというが、TV側は全て拒否してきたと、NY Timesに掲載された特集記事でMigosの所属レーベルのボスPierre “Pee” Thomasが明かしている。

その状況が一変したのは"Bad and Boujee"のおかげ、というわけではなくなんとChildish Gambino(Donald Glover)のゴールデン・グローブ賞でのスピーチだという。

Childish Gambinoは『Atlanta』でベスト・コメディ・シリーズ賞を受賞した際のスピーチで、「"Bad and Boujee"はこれまでで最高の曲」と絶賛した。

 

Pierre “Pee” Thomasは「それまではTV局の人間は、あらゆる言い訳を使ってきたよ。「このタイミングじゃない」「これじゃないんだ」とか。でもあの発言の翌日には、こちらのオファーを断ってきた奴ら全員がオファーをしてきた」と語っている。

その翌週、早くもMigosは人気番組『Jimmy Kimmel Live』に出演、"Bad and Boujee"を披露し、さらなる注目を集めることに成功した。

1stアルバム『Yung Rich Nation』の初週の売り上げ枚数は15,000枚だった。『CULTURE』がそれを塗り替えるのは間違いないだろう、3人の躍進はまだまだ続いていく。

RELATED

DrakeがQuavoとバスケのシュート対決に負けて1万ドルを支払う

現在、『Aubrey and The Three Migos』と題したツアーで北米を回っているDrakeとMigos。そんなツアー真っ只中の両者だが、DrakeとMigosのQuavoが現地時間日曜の夜に行われたカンザスシティ公演を前に、ハーフコートショットで競い合った。

Quavoが”APESHIT”と”Stir Fry”は一時間で完成したと語る

Migosの『Culture 2』のシングル”Stir Fry”とJay-Z、Beyonceの二人によるTHE CARTERSの”APESHIT”はそれぞれ大きなヒットを記録したが、両曲共に参加している("APESHIT"は、アドリブで参加)Quavoが、それらの曲はPharrellと二人で同じ日に完成させたと語った。

Migosがアドリブを入れながらカクテル作りに勤しむ

これまでにもRich Brianなどが出演してきたWAV MediaのRe-Mixogolyというカクテルを作る企画に、Migosの3人が出演した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。