犬のお気に入りのジャンルはレゲエとソフト・ロック | 動物虐待防止協会は犬小屋にサウンドシステムの設置を検討

犬は他の音楽ジャンルよりもレゲエとソフト・ロックが好みであるということが研究によって判明した。犬が好きなジャンルとはどういうことなのだろうか?

BBCが報じるところによると、スコットランドの動物虐待防止協会(SPCA)とグラスゴー大学が、音楽は犬の行動に影響をあたえるということを証明し、論文発表したとのことだ。

研究者たちはさまざまな種類の音楽を犬に聞かせ、生理的、行動の変化を観察した。Neil Evans教授によると、犬はレゲエとソフト・ロックを聴いている時に一番ポジティブな行動上の変化を見せたということだ。

犬にレゲエとソフト・ロックを聴かせると概してポジティブな反応を見せるものの、研究によると犬は自分自身の好みのジャンルを持っていると推測される。「それはまるで人間がさまざまな好みのジャンルを持っているということに似ている」と教授は語る。

実験では、ソフトロック、モータウン、ポップス、レゲエ、クラシックの5種類のジャンルの音楽を犬に聴かせた。ジャンルに関係なく、音楽が掛かっている時は犬はほとんど立たず、寝転がっていたとのこと。

しかし犬の心拍数を見てみると、レゲエとソフトロックが流れている時にストレスレベルが下がったことが判明。このことから犬はレゲエとソフト・ロックを好むということが推測された。

現在スコットランドのSPCAの犬収容センターでは、スコットランドの伝統的なバグパイプの音楽を犬小屋で聴けるようになっているのだが、この結果を受けて、サウンドシステムを犬小屋に設置することも考えているとのこと。

RELATED

和物ラヴァーズ・ロックコンピの傑作『RELAXIN’ WITH JAPANESE LOVERS』の第6弾がリリース | "ECDのAFTER THE RAIN"や小泉今日子による"空洞です"カバーも収録

マガジンハウスから刊行されていた雑誌『relax』からの特集から誕生した、70年代のロンドンで流行したスウィート&メロウなレゲエ、ラヴァーズ・ロックを集め人気を博した名物コンピレーション、『RELAXIN’ WITH LOVERS』。

パトワ語がハーバード大学の授業として採用されることに

レゲエシーンなどには欠かせない言語として知られているパトワ語(ジャマイカ・クレオール語)が、ハーバード大学の授業で教えられることになったと、レゲエの情報サイトThe Tropixsが伝えている。

Kendrick Lamarが"HUMBLE."で「Sit Down」と言うと、ちゃんとお座りする犬

偉大なラッパーの声は人間だけでなく、動物にも通じるというのを証明するムービーが話題になっている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。