Frank OceanとCalvin Harrisのトロピカルなコラボチューンが登場間近?

Frank Oceanは昨年のアルバム『Blonde』から、音源制作については極秘を保ってきたが、意外な角度から彼の新曲が近々聴くことができそうだ。

UKのトップクリエイターのCalvin Harrisは現在LAを旅行中で、ドライブの模様をSnapchatに投稿している。そこでかかっていたトロピカルなテイストのFrank Oceanがボーカルの未発表曲はCalvin Harrisとのコラボチューンと言われている。

さらにこの流れでファンからTwitterで「今年何曲リリースするの?」と聞かれたCalvin Harrisは「10」と返答、その中にこのFrank Oceanとのコラボが入っていることを期待したい。

RELATED

Playboi Cartiがリスペクトを公言するFrank Oceanと5曲をレコーディングしたと明かす

5月にはデビューアルバム『Die Lit』をサプライズリリースし、また88risingのアルバム『Head in The Clouds』にも参加したPlayboi Cartiが、Frank Oceanと共に5曲もの新曲をレコーディングしたことを明かした。

PharrellがFrank Oceanの芸術性を語る

Frank Oceanのアルバム『Channel Orange』のリリース6周年を記念し、同作に楽曲を提供しているPharrellが彼の軌跡についてAppleのBeats 1の番組で語った。

カリフォルニア大学でFrank Oceanをテーマにした講義が開設へ

アメリカではアーバンミュージックは学術分野にも進出をしており、これまでにもQ-TipがNY大学の音楽コースで講義を受け持つことになったり、ハーバード大学の学生がラップアルバムを初めて卒業論文として提出するという事例もあった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。