マイケル・ジャクソンの娘が「父は殺された」と語る

MUSIC  2017.01.25  FNMNL編集部

故マイケル・ジャクソンの娘パリス・ジャクソンがRolling Stone誌の表紙とインタビューに登場、亡き父の死について自身の衝撃的な見解を語っている。

パリスは父の死について、「計画的なものだ」と話し、マイケルの元主治医で過失致死の疑いで有罪になったコンラッド・マレー医師が関わっていると暗にほのめかした。

パリスはマイケルが鎮静剤のプロポーフォル中毒になったのは、マレー医師が原因と語り、「父は彼を追い出せと言いたかったはず、父は「奴らがいつか僕を殺す」と言っていた」と続けた。

またパリスは訴訟も起こしていたマイケルのツアープロモーターAEG Liveの責任にも再度言及。「AEG Liveは自分たちのアーティストを正しく扱わなかった。彼らはアーティストを消耗させ、死ぬまで働かせる」と非難し、現在AEG Liveと契約しているJustin Bieberの今後を懸念している。

 

MUSIC

FASHION

CULTURE