オバマ前大統領とトランプ大統領の公式ポートレートを撮影したカメラ、レンズ、設定を解剖

プロのフォトグラファーであれ、趣味のカメラユーザーであれ、ミュージシャンであれ、共通して言えることがある。それは「どんな機材を使っているのか気になって仕方ない」ということだ。

先週末ドナルド・トランプが大統領に就任し、ドナルド・トランプのオフィシャル・ポートレートが発表された。あるRedditユーザーがその画像に書き込まれている使用機材や設定などのデータを解剖した。

発表されたポートレートに写っているドナルド・トランプはなぜか猫背なのだが、問題はそこではない。PetaPixelは画像に埋め込まれているEXIFというデータをチェックした。

Donald Trump official portraitt

このポートレートは、2007年に発売開始され、もうディスコンとなっているCanon 1Ds Mark IIIというカメラに、Canon 70-200mm f/2.8L ISというレンズで撮影された。設定はそれぞれ145mm、f/2.8, 1/320s、ISO 640となっている。

Official portrait of Barack Obama

こちらは2009年1月にリリースされた写真家のPete Souzaによって撮影されたオバマ前大統領の写真。Canon 5D Mark IIが使用されている。設定は105mm、1/125s, f/10、ISO 100。

President Barack Obama
オバマ前大統領の二期目の肖像写真もPete Souzaによって撮影された。 Canon 5D Mark IIIを用いて、85mm f/1.2Lレンズ、85mm, f/7.1, 1/125s、ISO 200という設定で撮影されている。
フォトグラファーのみなさんは参考にしてみてはいかがだろうか?

RELATED

写真集に特化したアートブックフェア『写真集飲み会』が開催 | 小谷実由が編集したZINEも配布

写真集に特化したアートブックフェアとして、これまでに東京と大阪で開催してきた『写真集飲み会』が、10/20(土)、10/21(日)に東京・原宿のVacantで3年ぶりに行われる。 2日間でこれまでのべ最大1000人の来場者を記録したこのイベントは、写真集専門の出版社、ギャラリーなどがテーブルを...

Martha Cooperがグラフィティークルー1UPと過ごした1週間の記録を記念した展示が開催

70年代からアメリカのグラフィティー・シーンを写真に収めて来たMartha Cooperが、ベルリンを中心にヨーロッパや世界各地で活動してきたグラフィティークルー1UPと共に1週間を過ごした記録を収めた写真集『ONE WEEK WITH 1up』を刊行する。

草野庸子がロンドンを撮影した写真集『Across the Sea』を刊行

roshin bookから写真家・草野庸子の新作『Across the Sea』が9月末に刊行される。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。