Supremeとのコラボも登場したルイ・ヴィトンのA/W 2017コレクションのサウンドトラック

先週のファッション界の1番の話題はパリで開催されていたファッションウィークのショーで発表されたルイ・ヴィトンとSupremeのコラボだろう。バッグをはじめ、豪華なアイテムも登場した、ルイ・ヴィトンのショーのサウンドトラックが公開された。

サウンドトラックを手がけたのはルイ・ヴィトン2016のF/Wのコレクションの際もサウンドトラックを作成したNYのDJのHoney Dijonだ。ハウスの聖地シカゴで生まれ育ち現在はベルリンを拠点にし、Berghainなどでも活躍する彼女がチョイスしたのは、Chez Damierによるクラシックチューン"Can You Feel It ( MK Dub )"などバンピンなハウスチューンだ。

このサウンドトラックはDijonのSoundCloudで聞くことができるのでぜひチェックしてほしい。

RELATED

Supremeにロゴをサンプリングされた養豚企業が自前のLOOKBOOKでレスポンス

先日大人気ブランドSupremeの今年の秋冬コレクションがローンチされた。東京の各ショップにも大行列ができるなど、相変わらずの人気を誇る同ブランドと、60年近くの歴史をほこる大手養豚企業Farmland Foodsとの間で、興味深いやりとりがされている。

Lil Yachtyが自分が持っているSupremeの服を全部売る予定

Supremeといえば、今世界で最も人気のあるブランドの1つだろう。ニューヨーク発のこのブランドはヒップホップシーンでも揺るぎない地位を確立しており、これまでにも様々なラッパーが袖を通してきた。DipsetやNotorious B.I.Gなど、ニューヨークに関わりが深いラッパーたちともコラボしている。

Supremeのフェイクショップがスペインに登場

先日も中国のアパレルブランドがSupremeとの偽コラボを発表したように、Supremeは数々の有名ブランドの中でも、フェイクの多いブランドだということは周知の事実であろう。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。