70万円相当の大麻を使って世界初の「吸えるレコード」を作ったバンド

1980年代以降で初めて1000億円ビジネスに再成長したレコード産業に新たなチャレンジを行うバンドが登場した。アメリカのバンドは70万円相当の大麻から「吸えるレコード」を作ろうと悪戦苦闘しているようだ。

フォークとロックとレゲエとブルースとヒップホップが混ざったようなバンドと英紙ガーディアンは評する、バンド
Slightly Stoopidはすでに2枚の大麻から作られたレコードを制作したようだ。

NewImage

制作のためにバンドは、大麻の成分を抽出し透明な液体状にしたBubble Hashと呼ばれる液体を使用した。

70万円ほど掛かったプロトタイプのレコードは"Dabbington"と名付けられた。マスタリングとレコードプレスに12万円ほどのコストがかかったので、総額80万円を超える制作費になったようだ。

バンドのマネージャーのJon Phillipsは「最初のレコードは、まあまあ許されるくらいの音質だった」と語るが、その音質も長く続かなかったということだ。そして2枚目も音があまりよくなく、ただいま3枚目のレコード制作に取り掛かっている。

市販されることなく、オークションにてチャリティーもしくはアート作品として販売するとのこと。このレコードがDiscogsに掲載される日も近いかも?

RELATED

イギリスで医師によるマリファナ処方が合法化へ

先日、カナダにおいて娯楽目的のマリファナの使用が合法になる予定であることを取り上げたが、イギリスでは医療用のマリファナが合法になるようだ。

米国で初の大麻由来の処方薬が承認される

米食品医薬局(FDA)は初の大麻由来である治療薬を承認した。大麻抽出成分を含むこの治療薬『Epidiolex』は、重いてんかんの発作を起こす病気の治療向けである。

カナダで娯楽目的のマリファナ使用が合法化へ

カナダが主要7カ国の中で、初めて国全体で大麻を合法化する国になるかもしれない。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。