Kanye Westが「友人」トランプの就任式でライブオファーをされなかったのはなぜか?

Kanye Westはドナルド・トランプ新大統領と古くからの友人であり、選挙直後にトランプタワーにトランプを訪問、地元シカゴの治安問題について思いを馳せたという。明日に迫ったトランプの就任式では、数々の大物アーティストにオファーを断られ、正直前任者オバマに比べるとスケールの小さいアーティストがパフォーマンスを行う。

特にラッパーは散々でKanyeくらいしかトランプに好意を寄せていない状況だったのは明白で、結局就任式でもラッパーは誰もパフォーマンスを行わない。しかしトランプ側は唯一の友人であるラッパーのKanyeにはオファーすらしなかったようだ。それはなぜだろうか?

トランプの経済諮問委員を務めるトム・バラックは、Kanyeについて「偉大だし、彼はトランプの友人だよ」と擁護するが、就任式については「Kanyeがパフォーマンスする場所ではない。就任式の人選はパーフェクトで、典型的で伝統的なアメリカ人が揃うだろう。私たちは私たちのプランでやるよ」と元々の候補者にも入っていなかったことを明かした。

しかしToby Keith、Three Doors Down,、The Rockettes、 The Mormon Tabernacle Choir、Jackie Evanchoに比べるとKanyeの知名度は圧倒的だ。

トランプ側はなぜ、Kanyeにオファーしなかったのだろうか。推測されるのはKanyeがパフォーマンス中に、とんでもない発言を行ったり急遽キャンセルしたりするということだろう。

さらにKanyeはツアー中にライブを中断し、精神的・肉体的な疲労で入院して以来公の場でパフォーマンスを披露していないのだ。

これはいくらTwitterで何も考えていないツイートを連発するトランプでも、危険だと踏んだのだろう。Kanyeにとっては、もしかしたら格好の復帰の舞台だったかもしれないし、こちらとしてはどんなハプニングが起きるか楽しみでもあったが、今回はトランプの判断は賢明だったと言えるだろう。

 

RELATED

Kanye Westがスケボーのトリックを学ぶ

音楽だけではなくファッションやアート、そしてこれは無知をさらすことになってしまったが政治とKanye Westの好奇心は尽きないようだ。

故XXXTentacionの新作『Skins』に参加したKanye Westが、彼のDV疑惑を曲中で擁護していることが判明

Kanye Westの現在製作中だという最新作『Yandhi』に故XXXTentacionが参加していることは以前より伝えられていた。そんな中、今回XXXTentacionの死後初めて発表されるアルバム『Skins』にもKanye Westとのコラボ曲が収録されることが明らかとなった。

Kanye Westのゴーストライターを務めたPardison Fontaineが、自身をゴーストライターだと暴露したKanyeに対して怒りを見せる

ラッパーがゴーストライターを雇うことは現在のラップシーンにおいて珍しいことではない。Kanye WestやCardi Bがゴーストライターを雇っていることは広く知られているが、その両名のリリックを書いた経験もあるラッパーPardison FontaineのインタビューがGQにて公開された。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。