Spike Leeがトランプ大統領就任式に出演するChrisette Micheleの楽曲の使用を撤回

"Black Girl Magic"のヒットで知られるChrisette Micheleが20日(日本時間21日未明)に行われるドナルド・トランプの大統領就任式に出演することが明らかとなり、各方面から批判や彼女への心配の声が上がるなか、Chrisetteは昨日オープンレターで改めて参加への決意を表明した。

 

これに対し、現在Netflixで新シリーズに取り掛かっている映画監督のSpike Leeは、Chrisette Micheleの楽曲を『She’s Gotta Have It』で使用することを取りやめるとInstagramで即座に表明した。

 


Spike Leeは、「おはよう。Chrisetteが就任式で歌うということを聞いて、とても残念だよ。僕は、NetflixのShe’s Gotta Have It で彼女の"Black Girl Magic"を使おうと思っていたんだけど... もう使うことはないね。」というコメントと共に投稿している。

(辻本秀太郎)

RELATED

Rihannaがトランプ大統領が自身の楽曲を無断で使用したことに対してキレる

先日、Pharrellがトランプ大統領に対し、自身の楽曲“Happy”を演説の際に使用しないよう求めたというニュースがあったが、またしても同じようなことが起きた。

Supremeがトランプ大統領による性的虐待の告発者に捧げるTシャツを発表

SupremeとフォトグラファーのRichard Princeが、トランプ大統領による性的虐待の被害に遭った18人の女性たちをフィーチャーしたTシャツを発表した。

KKKに潜入捜査する黒人刑事を描いたスパイク・リーの最新作『ブラック・クランズマン』が来年3月に日本公開決定

1970年代に白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)に潜入捜査した黒人刑事の実話を描いた、スパイク・リーによる最新作『ブラック・クランズマン』(原題: 『BlacKkKlansman』)の邦題で、2019年3月に全国公開されることになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。