Beyonceがトランプ政権に反対する女性の権利デモに賛同を表明。Janelle MonaeとMaxwellはパフォーマンスを披露

ドナルド・トランプ新大統領の就任式の翌日にアメリカの首都ワシントンD.C.で女性蔑視発言を繰り返すトランプに反対する『ウィメンズ・マーチ・オン・ワシントン』が開かれる。すでにMadonnaや、Katy Perry、GrimesやSt.Vincentなどが参加を表明しているが、新たにBeyonceがこのデモに対し賛同のメッセージをFacebookに投稿した。

Beyonceは投稿のなかで、「私たちは母として、アーティストとして、活動家として声を上げる」と宣言し、さらに「世界の市民として、私たちは声を届けることができ、意識を変え、意味のある行動でポジティブな変化を作り出せる」と訴えた。

で重当日はJanelle MonaeとMaxwellがライブパフォーマンスを披露する予定で、ワシントンD.C.だけではなく、世界中の616箇所で同様のデモが開催される。

日本でも明日1/20の夜に東京(日比谷公園がスタート)と大阪(中之島公園広場がスタート)で開催される予定だ。

 

 

RELATED

Meek MillがJay-ZとBeyonceとの気まずい夕食の思い出を語る

先週金曜日にニューアルバム『Championships』をリリースしたMeek Mill。同作には長くビーフを行なっていたDrakeとのコラボ曲“Going Bad”が収録されていることも話題となっているが、そんなMeek MillがまだDrakeとのビーフの真っ最中だった時期のエピソードを披露している。

オバマ前大統領がミシェル・オバマ夫人の講演会にサプライズで登場し、自身を「Beyonceのライブに登場したJay-Z」に例える

オバマ前大統領が大のヒップホップファンということは広く知られている。そんな彼がミシェル・オバマ前大統領夫人の講演会にサプライズゲストとして登場し、自身をJay-Zに例えたことが話題となっている。

【クロスレビュー】The Carters 『Everything Is Love』| BeyonceとJay-Z、2人のキャリアから見たThe Carters

アーバンミュージックシーン最大のカップルであるBeyonceとJay-Zが、夫婦ジョイント・ツアー『ORT Ⅱ』開催中に、The Cartersとしてサプライズアルバム『Everything Is Love』をリリースしたのは記憶に新しい。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。