D’Angeloのニューアルバムがリリース間近か?マネジメント会社がInstagramに謎の投稿

寡作で知られるシンガーのD’Angeloは2014年に14年ぶりのサードアルバム『Black Messiah』をリリースした。それから3年が経ったが、前作が14年ぶりだったため、ファンならまだまだ次作を待てるという気持ちだろうか。そんな中で、予想より早くD’Angeloの新作がリリースされるのではという情報が飛び交っている。

海外メディアVIBEが伝えたところによると、D’Angeloのマネージメントを務めるチームKWLが、日曜日にInstagramを更新、現在は消去されているその投稿はD’Angeloの写真とともに、「D’Angeloの新作の準備はできている?次のアルバムは思っている以上に早くリリースされる。ちょっと待ってて」とキャプションが付けられていた。

しかし、投稿のキャプションが「あなたの最も好きなD’Angeloのアルバムは?」と変更され、最終的には投稿ごと削除されてしまった。

その後KWLはアルバムについては一切言及をしていないが、D’Angeloが楽曲制作に取り組んでいるのは間違いないのではないだろうか?しかし結局は10年以上も待つことになる可能性も十分ありうるかもしれない。

 

RELATED

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。