自らをLGBTと認識しているアメリカ人が過去最高に。初めて推定1000万人を超える

世論調査及びコンサルティング会社のギャラップがアメリカ人を対象にし「自らをLGBTと認識しているか」についてアンケートをとったところ、初めて「認識している」との回答は前年より0.2&増加の4.1%となり、推定人口は初めて1000万人を超えた。

ifl954bh3i1cutfds3hr.jpg

2012年は3.5%で4年間で0.6%増えた結果となる。世代別ではいわゆるミレニアル世代(1980年〜1998年生まれ)が最も多く7.3%で、逆に最も少なかったのが1913年~1945年生まれの高齢者層で1.4%だった。

ik3r4b6aeucb7hn4nuwf.jpg

他の世代では数値が下がっているが、若年層だけ安定して伸びているのは、性的な多様性の認識が着実に広まりをみせていることを示す結果となった。

調査書は「ミレニアル世代がアメリカで初めて、LGBTへの社会的受容が著しく進歩した環境で育った世代で、それにより自らをLGBTと認識しやすくなった」と今回の結果についてまとめている。

今回のアンケートの全データはこちらでチェックできる。

 

RELATED

Bandcampが今週金曜の売り上げ利益を全てトランスジェンダー支援団体に寄付すると発表

Bandcampが先日トランプ大統領が発表した、トランスジェンダーの米軍入隊禁止発言に対し、今週金曜日8/4の売り上げのうち、Bandcamp分の利益を全てトランスジェンダーを支援するTransgender Law Centerに寄付すると発表した。

2017 MTV Movie & TV Awardsで『ムーンライト』がベストキス賞を受賞

今年のアカデミー賞作品賞を受賞し、日本でもロングヒットを続ける『ムーンライト』が、再び素晴らしい栄誉を手に入れた。 カリフォルニアのシュライン・オーディトリアムにて開催された「2017 MTV Movie & TV Awards」のベストキス賞を受賞したのだ。

ベテランラッパーBoosie Badazzがアニメで同性間のキスシーンを放送したディズニーを批判

ディズニーチャンネルで放送中のアニメ『悪魔バスター★スター・バタフライ』でディズニー至上初めて同性間のキスシーンが放送された。それを受け、多くの賛同の声が集まる中、ベテランラッパーのBoosie Badazzは自身のインスタグラムで批判した。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。