Gosha Rubchinskiyの2017秋冬コレクションの不思議なサウンドトラック

ロシアのストリートファッションに世界の目を向けさせるきっかけとなったブランドGosha Rubchinskiyが2017秋冬コレクションのショーをロシアで開催、DJ Buttechnoが手がけたサウンドトラックが話題となっている。

DJ Buttechnoは自身で作ったインダストリアルなサウンドに、RubchinskiyがInstagramでスカウトした今回のモデルたちが、自己紹介や将来の夢を語るしている喋り声をメインで使用し、これまでにないショーのサウンドトラックを作り上げた。そして実際に登場するモデルに合わせ、そのモデルが喋った将来の夢を観覧者に聞かせることで、「ロシアという国を世界中の観覧者に見せる手法」となっている。

今回のGosha Rubchinskiyのショーにはドイツをルーツにもつadidas Footballとのコラボアイテムなども登場、そのためショーが開催されたのも、ドイツとロシアの両方の影響を受けた港町カリーニングラードだった。

RELATED

Kanye WestがGosha Rubchinskiyにタトゥーのデザインを依頼しフリーフォントを用いたデザインが出来上がる?

Kanye Westは、息子Saint Westくんの名前のタトゥーを首元に彫る予定で、そのデザインをあのGosha Rubchinskiyに依頼したようで、再開したばかりのTwitterでそのデザインを公開していた。

Gosha RubchinskiyとMumiy Trollのエクスクルーシブコレクションも販売するイベント『RUSSIAN SEASONS』

ロシアと日本が文化を通じて新しいコミュニケーションの機会を持ち、よりよい関係を構築するために企画されたイベント『RUSSIAN SEASONS』が、11/30に東京・表参道のWALL & WALLで開催される。

Let LOOSEの17-18 Fall/WinterのLOOKBOOK

1994年生まれのkōsaku yasudaによるブランドLet LOOSEのファーストコレクションである17-18 Fall/WinterのLOOKBOOKが公開された。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。