2 Chainzもドナルド・トランプ大統領の就任式でのライブオファーを断る。「オバマに挨拶したかったぜ」

1/19に開催されるドナルド・トランプ新大統領の就任式で、どのアーティストがパフォーマンスするかについては議論を呼んでいる。Snoop Doggはトランプのためにパフォーマンスするような「Uncle Tom」みたいなアーティストは叩き潰すと宣言し、最もトランプを直接的に批判する楽曲"FDT"をリリースしたYGは「400万ドル払えばパフォーマンスしてやる」とトランプを挑発している。

そんな中2 ChainzがトランプからオファーがあったことをInstagramで公表した。

2 ChainzはInstagramに投稿した動画で、「おれはホワイトハウスに行きたかった。おれは招待されたことがなかった。みんなが行ってるパーティーの写真はすばらしかったよ。おれは行ってオバマに挨拶をしたかった。おれたちは問題ばかりの過去からきたけど、オバマは人々に大きな希望を見させただろ」とオバマ前大統領に招待されたら、ホワイトハウスに行っていたとコメント。

続けて「でもオバマから招待はこなかった、まあそれはいいんだ。でもトランプがおれのマネージメントに連絡してきた。おれは誰からもOKをもらえてないから、連絡してきただけだと知ってるよ。彼らはおれにパフォーマンスしてほしいと言ってきた。おれはギャラをいくらもらっても行かないよ。おれはいま時間がないしホワイトハウスには行かないだろうな」と2 Chainzはトランプからのオファーは断ったことを明かした。

現在ラッパーではRiff Raffが5万ドルのギャラを払ってくれたらパフォーマンスする意志を表明しているが、それ以外のラッパーは名乗り出ていない。

 

RELATED

Kanye Westが『Jimmyb Kimmel Live!』でのトランプ大統領を巡る質問に答えなかったことについて苦しい釈明

先日、人気番組『Jimmy Kimmel Live!』に出演したKanye West。彼の登場は世界的に注目を集めたが、その中でもホストのJimmy Kimmelによる「あなたは”ブッシュ大統領は黒人のことを一つも考えていない”と発言したことで有名ですが、トランプ大統領が彼らに対してやっていることについてどう思いますか?」という質問と、それに対してKanyeが沈黙したことが大きな話題を呼んだ。

今年のXXL FreshmanについてJoey Bada$$と2 Chainzがコメント

毎年の恒例企画であるXXL Freshmanが先日発表され、Lil PumpやSmokepurpp、Blocboy JBやSki Mask The Slump Godなどのラッパーが表紙を飾ることになったが、これについてJoey Bada$$と2 Chainzがコメントしている。

2 Chainzの5歳の娘がお父さんと一緒にラップスキルを披露

ラッパーの2 Chainzといえば母親に対する感謝を綴った楽曲"Proud"のミュージックビデオでは、実母を登場させたりもしているが、家族に対してサービス精神が旺盛のようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。