2 Chainzもドナルド・トランプ大統領の就任式でのライブオファーを断る。「オバマに挨拶したかったぜ」

1/19に開催されるドナルド・トランプ新大統領の就任式で、どのアーティストがパフォーマンスするかについては議論を呼んでいる。Snoop Doggはトランプのためにパフォーマンスするような「Uncle Tom」みたいなアーティストは叩き潰すと宣言し、最もトランプを直接的に批判する楽曲"FDT"をリリースしたYGは「400万ドル払えばパフォーマンスしてやる」とトランプを挑発している。

そんな中2 ChainzがトランプからオファーがあったことをInstagramで公表した。

2 ChainzはInstagramに投稿した動画で、「おれはホワイトハウスに行きたかった。おれは招待されたことがなかった。みんなが行ってるパーティーの写真はすばらしかったよ。おれは行ってオバマに挨拶をしたかった。おれたちは問題ばかりの過去からきたけど、オバマは人々に大きな希望を見させただろ」とオバマ前大統領に招待されたら、ホワイトハウスに行っていたとコメント。

続けて「でもオバマから招待はこなかった、まあそれはいいんだ。でもトランプがおれのマネージメントに連絡してきた。おれは誰からもOKをもらえてないから、連絡してきただけだと知ってるよ。彼らはおれにパフォーマンスしてほしいと言ってきた。おれはギャラをいくらもらっても行かないよ。おれはいま時間がないしホワイトハウスには行かないだろうな」と2 Chainzはトランプからのオファーは断ったことを明かした。

現在ラッパーではRiff Raffが5万ドルのギャラを払ってくれたらパフォーマンスする意志を表明しているが、それ以外のラッパーは名乗り出ていない。

 

RELATED

Rihannaがトランプ大統領が自身の楽曲を無断で使用したことに対してキレる

先日、Pharrellがトランプ大統領に対し、自身の楽曲“Happy”を演説の際に使用しないよう求めたというニュースがあったが、またしても同じようなことが起きた。

Supremeがトランプ大統領による性的虐待の告発者に捧げるTシャツを発表

SupremeとフォトグラファーのRichard Princeが、トランプ大統領による性的虐待の被害に遭った18人の女性たちをフィーチャーしたTシャツを発表した。

Pharrellがトランプ大統領に対し、演説の際に自身の楽曲"Happy"を使用しないよう求める

アメリカではまもなく中間選挙が行われる。アメリカ国民がトランプ大統領にどのような審判を下すのか世界中の注目が集まっているわけだが、トランプも良い結果を得るために、各地で集会を開き演説を行っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。