YGが400万ドル払えばトランプ大統領の就任演説で「FDT」をパフォーマンスすると挑発

1/19に就任演説をおこなうドナルド・トランプ新大統領だが、就任式でパフォーマンスを披露するアーティストは現在カントリー歌手のToby Keithとロックバンド3 Doors Downが決定している。さらに華々しいアーティストを求めてトランプ陣営は動いているようだが、最もトランプを批判してきたラッパーのYGが名乗りをあげた。

YGはTwitterに「400万ドル払えば就任演説で"FDT(Fuck Donald Trump)"をパフォーマンスしてやる」とツイート。400万ドルという値段設定は4HunnidというYGのクルーの数字とかけられている。

正直言ってYGは、これまで発表されたどのアーティストよりも現在勢いがあるアーティストなのは間違い無いだろうが、あの短気なトランプが目の前で最も自分を直接的に批判している楽曲をパフォーマンスさせるわけがないだろう。

"FDT(Fuck Donald Trump)"についてYGは大統領選挙の直後に、「今後4年間のアンセムであり続ける」ともツイート、引き続きトランプを批判する姿勢を鮮明に示している。

RELATED

YGが自身のライブ中“FDT”を歌わなかった観客に詰め寄り「Fuck Donald Trump」と叫ばせる

2016年にYGとNipsey Hussleがリリースした“FDT”(Fuck Donald Trump)は、当時大統領候補であったトランプ大統領を痛烈に批判した楽曲だ。YGのキャリアの中でもかなりの人気曲となっている同曲はライブでもかなりの盛り上がりを見せるが、今回、YGがライブ中に“FDT”をシンガロングしなかった観客にとった対応が話題となっている。

Cardi Bのトランプ政権批判動画を用いた楽曲が誕生

現在アメリカでは、昨年末より歴史上最長の政府機関閉鎖が行われている。トランプ大統領の推し進めるメキシコとの国境に壁を建設する計画を巡った今回の閉鎖によって政府職員は一ヶ月もの間無給での生活を強いられており、首都ワシントンD.C.では連日デモが続く。そのような現状に対しCardi Bが抗議の声を上げ、ファンたちに行動を呼びかける動画が先日投稿された。動画は多くの反響を呼び、1500万回を超えて再生された。

YGが自分を盗撮しているファンを捕まえて罵る

スマートフォンでの撮影が可能になったことで、現在セレブはパパラッチだけではなく、一般人からも容易に撮影対象となり、彼らのプライバシーはますます脅かされてしまっている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。