Lit、Skrr、Dab...2017年に使うと危険?5つの流行スラング

日本でも流行語大賞があるように、もちろんアメリカにもその年の流行語やスラングは存在する。でも流行りすぎると、すぐに使いたくなくなるというのが人情ってもの。今年使ったらちょっと危ないかも...という昨年の流行語を紹介していこう。でもこれは不名誉なことではない。全ては流行りすぎてしまったのが良くないのだから。ではここから今年使うと危なそうな流行語4つと早く死に絶えてほしいと願う1つの言葉を紹介する。

1. Lit

Lit

「かっこいい」「やばい」という意から転じて「楽しい」や、「酔っ払う」という意味でも使用される、まさにパーティー好き必須のスラング。Travis Scottは曲のタイトルにも使用しているが、EDM人気プロデューサーのZeddが年明け早々「もう2017年だし、Litっていうの止めない?」とツイートした。

2. skrr/skrt

skrr

元は車のアクセルを踏みっぱなしの状態を指すが、そこから人の元から去るなどの意味としても使われている。ラッパーが車のことをラップするときに用いるスラングとして大流行。Kodak Blackの"skrt"が有名だが、最初に使ったのはChief Keefと言われている。語感の良さから、少し無関係なところでもちょっと使われすぎているから、今年はあまり使わないほうがいいかも。

3. Dab

Dab

元々はアトランタのヒップホップシーンにあったダンスだが、オリジネイターは誰だかわかっておらず、Skippa Da Flippa、Migos、Peewee Longway、Rich The Kidなどが候補だが、その言葉を流行らせたMigosはSkippa Da Flippaが最初にやり始めたと認めた。Migosの"Look At My Dab"などで流行し、スポーツ界などにも波及し大爆発。その結果昨年6月にはMigos自身が「みんなDabを真似してるから、もう路線を変えるよ」とDabの死を宣言した。

4. Savage

Savage

Savage自体は古くからあるスラングで、悪さ、暴力的、クールという意味を持つ。ご存知の通り昨年その名前を持ち、危険なかっこよさを前面に出した21 Savageが大ブレイク。他にもManMan SavageやLotto Savage、Savageという名前はついていないが今年ブレイク確実と言われているDae DaeなどがSavageラッパーとして存在する。しかし21 Savageのコピーラッパー22 Savageやさらにそのコピーラッパー23 Savageや数字付きのSavageが多数出現してしまったため、一気にネタ化の様相を呈している。

5. Post-Truth

Trend

実際問題ただの嘘。早くこの言葉が死なないと世界がなくなっちゃうかも。

 

RELATED

「Juice」と「Sauce」という2つのスラングの違いをBest Buyの店員が見事に解説

1992年に公開された2Pacが主演したヒップホップ映画の金字塔『Juice』。タイトルにもなっている「Juice」とはストリートで生きて行くためには、得ることが必要とされている真の尊敬を意味する。「Juice」はシーンで生き残っていくために獲得しなければいけないものとされていた。

オックスフォード英語辞典に「biatch」や「squad goals」などが新語として登録される

世界最大の英語辞書、オックスフォード英語辞典に登録される新語が発表、「biatch」や「squad goals」、「drunk text」などの言葉が登録されることになった。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。