BEAMSのコラボの歴史をアーカイブしたビジュアルブック『BEAMS beyond TOKYO』

セレクトショップの先駆けBEAMSがこれまでおこなってきたコラボレーションをアーカイブしたビジュアルブック『BEAMS beyond TOKYO』が、1/20に世界に先駆けて 日本国内のBEAMS店舗および公式オンラインショップで販売される。

『BEAMS beyond TOKYO』はアート、 フォト、 ファッションを中心とするビジュアルブックを手掛けるアメリカ・ニューヨークのRizzoli International Publications Inc.から出版。同社が 日本のリテーラーを採り上げたビジュアルブックを出版するのはこれが初だ。

同書では1976年の創業以来、 BEAMSがセレクトショップとして成長する過程で出会った世界中のブランド、 デザイナー、 アーティスト、 クリエイターとのコラボを切り口として紹介している。

Info

BEAMS

 

『BEAMS beyond TOKYO』

・発売日:2月14日(火)国内BEAMS店舗および公式オンラインショップのみ1月20日(金)より先行発売

・判型:A4変形 ハードカバー

・ページ数:256ページ

・言語:英語 *巻末に日本語対訳付き

・価格:55US$/BEAMS販売価格:¥7,000(税別)

・アートディレクター:米山奈津子(YONEYAMA LLC.)

・編集:RCKT/Rocket Company

・コントリビューター:

デーヴィッド・マークス
村上要(WWD JAPAN)
ステラ・イシイ(<The News Inc.>ファウンダー兼代表)
トビー・ベイトマン(<Mr Porter>マネージングディレクター)
ジョナサン・バーンブルック(グラフィックデザイナー)
ソフィア・コッポラ(映画監督、 脚本家、 ファッションデザイナー)
NIGO(R)(<HUMAN MADE>ディレクター)
阿部千登勢(<sacai>デザイナー) ほか

RELATED

Netflixオリジナルドラマ11作品を山崎まどか、小林雅明、長谷川町蔵などライター陣が徹底解剖した書籍が刊行

世界最大手の定額制動画配信サービスNetflixが製作・配信する珠玉のオリジナルドラマシリーズ11作品を、11名のライター陣が徹底解剖した書籍『ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix(仮)』が刊行される。

東京アートブックフェアに先駆けて銀座ソニーパークで「TOKYO ART BOOK FAIR: Ginza Edition」が開催

世界中のアーティストやギャラリー、アーティストが集い、 数日間にわたる会期を通じてのべ2万人超の来場者が訪れ賑わいをみせる東京アートブックフェア。

イ・ランのエッセイ集『悲しくてかっこいい人』の日本語版がリトル・モアから刊行

シンガーソングライターをはじめ映像作家、コミック作家、エッセイストとして活躍するイ・ラン。韓国のグラミーともいわれる韓国大衆音楽賞 最優秀フォーク賞を昨年受賞したイ・ランが、2016年に韓国で発売し7刷のヒットとなったエッセイ集『悲しくてかっこいい人』の日本語版が、本日リトルモアより発売された。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。