BEAMSのコラボの歴史をアーカイブしたビジュアルブック『BEAMS beyond TOKYO』

セレクトショップの先駆けBEAMSがこれまでおこなってきたコラボレーションをアーカイブしたビジュアルブック『BEAMS beyond TOKYO』が、1/20に世界に先駆けて 日本国内のBEAMS店舗および公式オンラインショップで販売される。

『BEAMS beyond TOKYO』はアート、 フォト、 ファッションを中心とするビジュアルブックを手掛けるアメリカ・ニューヨークのRizzoli International Publications Inc.から出版。同社が 日本のリテーラーを採り上げたビジュアルブックを出版するのはこれが初だ。

同書では1976年の創業以来、 BEAMSがセレクトショップとして成長する過程で出会った世界中のブランド、 デザイナー、 アーティスト、 クリエイターとのコラボを切り口として紹介している。

Info

BEAMS

 

『BEAMS beyond TOKYO』

・発売日:2月14日(火)国内BEAMS店舗および公式オンラインショップのみ1月20日(金)より先行発売

・判型:A4変形 ハードカバー

・ページ数:256ページ

・言語:英語 *巻末に日本語対訳付き

・価格:55US$/BEAMS販売価格:¥7,000(税別)

・アートディレクター:米山奈津子(YONEYAMA LLC.)

・編集:RCKT/Rocket Company

・コントリビューター:

デーヴィッド・マークス
村上要(WWD JAPAN)
ステラ・イシイ(<The News Inc.>ファウンダー兼代表)
トビー・ベイトマン(<Mr Porter>マネージングディレクター)
ジョナサン・バーンブルック(グラフィックデザイナー)
ソフィア・コッポラ(映画監督、 脚本家、 ファッションデザイナー)
NIGO(R)(<HUMAN MADE>ディレクター)
阿部千登勢(<sacai>デザイナー) ほか

RELATED

カレー屋まーくんのスパイスレシピ本がクラウドファンディングで制作開始 | リターンにはPUNPEEの新作7インチレコードも

Mr.マジックバジャールのDJネームでヒップホップ、ディープハウス、テクノなどを自在に横断するプレイを披露し、近年では加山雄三 feat. PUNPEEの"お嫁においで 2015"のプロジェクトディレクターを務め、昼は渋谷でカレー屋を営むカレー屋まーくん。 波乱万丈なキャリ...

Pussy Riotの創設メンバーによるエッセイ集が刊行 | 日本初の関連本

ロシア・W杯決勝戦の最中に、プーチン政権への抗議の意味をこめた乱入を行ったロシアのパンクバンドPussy Riotの創設メンバーでブレイン的存在のマリア・アリョーヒナによるエッセイ集『プッシー・ライオットの革命RIOT DAYS(仮)』が10月に刊行される。

「統計的思考」を文学に応用した新しい文芸批評本『数字が明かす小説の秘密』が刊行

膨大なデータから客観的な傾向を導き出す「統計」と、特定の登場人物の個別の視点に寄り添う「小説」、一見水と油のように思える2つの要素を組み合わせた新しい文芸批評本『数字が明かす小説の秘密』が、7月に刊行される。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。