Desiignerが初めての水族館で大興奮

昨年のスマッシュヒットとなった"Panda"で一躍人気ラッパーになったDesiignerが滞在先のオーストラリアで水族館を訪問した。

今回が初めての水族館訪問となるDesiignerは、映画『ファインディング・ニモ』のニモのモデルである、クマノミやサメの姿に大興奮、お得意の「brrrr ddddddddddaaaa」というアドリブを連発している。

大満足したDesiignerは満面の笑みで水族館を後にした。

DesiignerがInstagramにアップしていた動画はYoutubeにアップされている。

RELATED

初来日するDesiignerとPHIRE WIREのコラボコレクションが本日GR8でローンチ | デザインは石黒景太が担当

初来日公演を控える"Panda"で知られるラッパーのDESIIGNERとKIRIによるブランドPHIRE WIREのコラボコレクションが、GR8 にて12/15にローンチする。

FutureがDesiignerの"Panda"について著作権侵害を申し立てているとプロデューサーが主張するも本人は否定

Desiignerの曲『Panda』が大ヒットしてから1年以上経つが、プロデューサーのMenaceはまだギャラを全額支払ってもらっていないと語る。どうやら、ラッパーの Futureが『Panda』が自身の曲と酷似していると訴え、著作権侵害を申し立てたことが理由とのこと。

"Panda"を使用した渡辺直美のパフォーマンスにDesiigner本人がぶち上がり

Desiignerのデビュー曲であり代表曲の"Panda"は、Desiigner自身の強烈なキャラクターもあり様々なネタで使用されてきたが、日本でも渡辺直美がTV番組で、"Panda"を使ったダンスを披露していたのはご存知だろうか?

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。