ロンドンのストリートでギャングや若者たちに話されている「ROADMAN」なアクセントやスラングを学べる動画

さまざまなアクセントや方言、スラングを解説しているYoutuberのKoreanBillyが、ロンドンのストリート、それもハードなギャングたち「ROADMAN」が話すスラングを解説してくれている。動画を日本語で解説しながら紹介したい。

YoutuberのKoreanBillyはロンドンのラッパーや若者たちが話す「ROADMAN」なスラングとアクセントを紹介。一見普通の単語でも、ROADMANのたちの間では、全く違う使用方法で会話されているので、英語ができる人も一苦労するROADMAN語を今日はBillyと一緒に学ぼう。

スクリーンショット 2017 01 12 19 13 39

まず最初は「MANDEM」という単語から。

スクリーンショット 2017 01 12 19 13 44

MANDEMというフレーズは友人、とくに男の友人を指す言葉だそうだ。

スクリーンショット 2017 01 12 19 13 55

MANDEMはBLUDやFAMという単語と同じ使い方をする。

スクリーンショット 2017 01 12 19 14 03

Billyと一緒に発音してみよう。

スクリーンショット 2017 01 12 19 14 12

次はBAREという単語。これは普通、裸とか覆われていないという意味で使うが、ROADMANは違う使用方法でBAREを使う。

スクリーンショット 2017 01 12 19 14 17

ROADMANは、「とても」や「多い」という意味でBAREを使用するそうだ。

スクリーンショット 2017 01 12 19 14 31

一緒に発音してみよう。

スクリーンショット 2017 01 12 19 14 37

次の単語はCREPS。
スクリーンショット 2017 01 12 19 14 50

CREPSはスニーカーという意味だ。ROADMANはスニーカーに興味があるという情報も。

スクリーンショット 2017 01 12 19 14 59

SAFEはCOOLという意味で使われる。

スクリーンショット 2017 01 12 19 15 10
CREPSとSAFEを組み合わせると…こうなる。

スクリーンショット 2017 01 12 19 15 23
BAITはObvious(明らかな)という意味。

スクリーンショット 2017 01 12 19 15 55

ALLOW ITは「許す」という意味ではなく、「STOP IT(やめろ)」という意味。

さあ、予習は完璧、あとは発音やアクセントを気にしながら動画を見てみよう!

RELATED

ロンドンに24時間営業のクラブ『FOLD』が今夏オープン

「オーディオと映像のパフォーマンススペースと、スタジオの集合体」と表現される『FOLD』が8/18にオープン予定。ロンドンの工業地帯にある印刷工場の上に作られたこの施設で、600人キャパのナイトクラブと音楽スタジオが共に24時間営業されるようだ。

YouTubeで規制されたUKドリルミュージックのビデオがアダルトサイトPornhubに投稿され始める

暴力や殺人をテーマとするギャングスタヒップホップのジャンル、UKドリルシーンのミュージックビデオ30本がYouTubeから削除されたというニュースが先日報道された。様々な動画投稿サイトで規制されたUKドリルは、代わりに規制のゆるいアダルト動画サイト『PornHub』に次々と投稿され始めたとのこと。

UKドリルのクルー1011の音楽活動が警察により実質的に禁止に追い込まれる

先日ロンドンで盛り上がりをみせているUKドリルのアーティストたちのミュージックビデオが、暴力的だとして警察の申し立てによりYouTubeから削除されたというニュースを伝えた。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。