Chance The Rapperが最新インタビューでKanyeやトランプについて語る。「Kanyeは公衆の面前でクレイジーなことを言うが、プライベートだともっとクレイジーなことを話す」

Chance The Rapperが男性向けファッション・カルチャー雑誌『GQ』2月号のカバーに起用されインタビューも掲載されている。ChanceはKanye West、ドナルド・トランプ、自身の宗教観などについて答えている。

Chanceは以前、ラップを始めたての頃はKanyeに憧れ、彼のようにラップするシカゴのキッズの1人だったとインタビューで明かしている。しかし、『GQ』のインタビューでChanceは「Kanyeのような性格になりたいと思ったことはない」と話す。彼の行動することの全てを理性で理解しようとしているが、自分がもしKanyeだったとしても同じことをするとは思えないそうだ。

「Kanyeは公衆の面前でクレイジーなことを言うが、プライベートだともっとクレイジーなことを話す」と自身のヒーローでもあるKanyeを評し、「彼は他人をフィルターを通して見る。だけど、うそつきじゃないよ」とも話す。

The Life of PabloにフィーチャーされたChanceは「いつもKanyeの側に立つようにしているよ。みんながKanyeはおかしいという時に、自分は、いやそれは違うよ。彼はリアル・シットをいっているだけだ」とKanyeを擁護している。

 

そしてドナルド・トランプにまつわるKanyeの発言などに関しては「彼はドナルド・トランプを恐れてなんかいない。自身の製作に集中して、若いファンたちに希望のメッセージを届けたいと思ってるはず」と話す。

Chanceは現在こどものための音楽を作っており、希望と理解についてのメッセージ、そして言葉についての音楽を作っているとのこと。だから「どうして恐れる必要があるんだい?」と答えている。

『GQ』によるChanceのインタビューの全文はこちらから。

RELATED

Chance The Rapperの作品のアートワークを手がけるBrandon Breauxの展覧会が緊急開催

Chance The Rapperの名作『Acid Rap』や『Coloring Book』などのアートワークを手がけているアーティストBrandon Breauxと、DUM-DUM LLPによるコラボ展が、本日から8/20(月)まで東京・原宿のOKUで開催される。

Kanye Westが『Jimmyb Kimmel Live!』でのトランプ大統領を巡る質問に答えなかったことについて苦しい釈明

先日、人気番組『Jimmy Kimmel Live!』に出演したKanye West。彼の登場は世界的に注目を集めたが、その中でもホストのJimmy Kimmelによる「あなたは”ブッシュ大統領は黒人のことを一つも考えていない”と発言したことで有名ですが、トランプ大統領が彼らに対してやっていることについてどう思いますか?」という質問と、それに対してKanyeが沈黙したことが大きな話題を呼んだ。

Kanye WestがPornhubの永久無料会員権を贈呈される

先日TV番組『Jimmy Kimmel Live!』に出演したKanye West、2人の娘ができたことで女性に対する見方は変わったかという質問を、司会のKimmelからされている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。