宇多田ヒカルの「光 –Ray Of Hope MIX–」(REMIXED BY PUNPEE)がアメリカのiTunesチャートで日本人アーティスト最高位となる2位にランクイン

MUSIC  2017.01.11  FNMNL編集部

昨年のアルバム『Fantôme』もロングヒットを続けている宇多田ヒカルが、今度はアメリカで快挙を達成。2017年のファーストリリースとなる1/12(木)発売のゲームソフト『キングダム ハーツ HD2.8 ファイナル チャプター プロローグ』のテーマソングとなっている「光 –Ray Of Hope MIX–」(REMIXED BY PUNPEE)がアメリカのiTunesチャートで日本人アーティスト最高位となる2位にランクインした。

このリミックスは大の宇多田ヒカルファンでもあるラッパー・プロデューサーのPUNPEEが手がけたもので、昨年末からゲームのトレーラーや、宇多田ヒカルのネットイベント「30代はほどほど。」で披露されると、リリースの要望が殺到。

PUNPEE

1/11にリリースされるやいなや全世界で配信販売が スタートされ、たちまち全世界のチャートを席捲、日本をはじめ全9ヶ国で1位を獲得の他、26ヶ国・地域でベスト100入り、更に全米のiTunes総合ページでは日本人アーティスト最高位となる2位にランクインの快挙を達成した。これはアルバム「Fantôme」の全米iTunes最高位3位を越える勢いだ。

この勢いのままゲームソフト『キングダム ハーツ HD2.8 ファイナル チャプター プロローグ』も1月12日に発売される。

Info

タイトル:「光(Ray Of Hope Mix)」(REMIXED BY PUNPEE)

配信日:2017年1月11日

収録内容:

1:「光 –Ray Of Hope MIX–」

2:「Simple And Clean –Ray Of Hope MIX–」

3:「光 -P’s Club Mix-」

4:「Simple And Clean -P’s Club Mix-」

MUSIC

FASHION

CULTURE