Drakeの新しいプロジェクト『More Life』がアルバムではなくプレイリストとしてリリースされる理由

2016年は間違いなくDrake(ドレイク)にとって大成功となった1年だった。後半にはKid Cudiとのビーフや、Jennifer Lopezとの「プロモーションのため」と噂されている交際疑惑もあり、その評判を下げてしまったが『Views』の大ヒットやRihannaの"Work"などもあり、アメリカを中心とした世界の音楽シーンの中心にDrakeがいたのは間違い無いだろう。

では2017年のDrakeの動きはどうなるだろうか?今年Drakeは新たなプロジェクト『More Life』をリリースする予定だが、そのプロジェクトはアルバムという形ではなくプレイリストとしてリリースされると噂されている。

DrakeのレーベルOVOに所属しているプロデューサーでdvsnのメンバーでもあるNineteen85がBillboardのインタビューに登場し、Drakeの『More Life』について語っている。

「『More Life』はとても面白い試みになるよ。これはDrakeにとってこれまでにない最も大きなプロジェクトになる。いろんなアイディアを彼は世に出したがっているよ」と話し、さらになぜ『More Life』がプレイリストと呼ばれているかについても説明した。

「なぜプレイリストと呼ぼうとしているかについては、このプロジェクトにはDrakeが交流した多くのアーティストが参加しているんだ。様々なアーティストと会っている彼は、他のアーティストたちが音楽的にどのようなアーティストかを理解しているから、世界にその新しいアーティストたちを紹介したがっている」

Nineteen85の説明が示唆しているのは『More Life』でDrakeはアーティストとしての役割を果たしつつ、キュレーターとして作品の主導権を握るということだ。その作品はストリーミングサイトのプレイリストのようにコンセプトに基づいて、様々なアーティストが参加した形になるだろう。OVO Radioで様々なアーティストの曲がかかるように、もしくはDrakeがWizkidやRamriddlzの曲のジャックを行いフックアップしたように。

これまでもキュレーター的な役割を果たしてきたDrakeにとって最も真価を発揮できるプロジェクトが『More Life』になるかもしれない。

Nineteen85のBillboardでのインタビューはこちらで読むことができる。

 

RELATED

DrakeがQuavoとバスケのシュート対決に負けて1万ドルを支払う

現在、『Aubrey and The Three Migos』と題したツアーで北米を回っているDrakeとMigos。そんなツアー真っ只中の両者だが、DrakeとMigosのQuavoが現地時間日曜の夜に行われたカンザスシティ公演を前に、ハーフコートショットで競い合った。

Drakeが累計ストリーミング再生数500億回を突破した世界初のアーティストに

Drakeのこれまでの累計ストリーミング再生回数が500億回に達したと報道された。この記録は世界初であるとのこと。

Drakeが大ヒット曲”In My Feelings”のニューオーリンズにオマージュを捧げたミュージックビデオを公開

Drakeの最新作『Scorpion』に収録され、一週間のストリーミング回数記録を更新した大ヒット曲”In My Feelings”のMVが公開された。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。