フロッピーディスクとハードディスク、スキャナーを用いて『ゼルダの伝説のテーマ』を演奏するアーティスト

フロッピーディスクドライブとハードディスク、スキャナーを使って様々な音楽をカバーするアーティストPawel Zadrozniakが、新作『ゼルダの伝説のテーマ』を公開。

コンピューター・ハードウェア・オーケストラ「The Floppotron」を司るZadrozniakさんは、フロッピーディスクドライブ、ハードディスク、スキャナーなどのハードウェアなどにあるモーターを利用して音を奏でるアーティスト。フロッピーディスク64台、ハードディスク8台、スキャナー2台を使用して演奏。モーターのスピードなど変化させて音階を奏でる。

彼は他にもさまざまな曲をカバーしている。

RELATED

長場雄がイラストを描いたスケートゲームアプリ『SKATE GIRL』

無駄のないシンプルな線画イラストで高い人気をほこるイラストレーターの長場雄。Instagramに毎日描いたイラストを投稿する習慣をこなしつつ、アパレルブランドとのコラボレーションや、個展の開催など注目を集めている。

『パックマン』や『スペースインベーダー』とコラボしたTシャツがUTから登場

ユニクロのグラフィック T シャツブランドUTから、ゲームをテーマにゲームメーカーのバンダイナムコとタイトーとコラボしたTシャツが登場する。

小さくなったKanye Westを操作するアクションゲーム『Lil Ye Land』

現在自身が関連する5作品を次々にリリースしているKanye Westが、マリオのようなキャラクターになって登場するアクションゲーム、その名も『Lil Ye Land』が登場した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。