Chance The Rapperのデビューミックステープ『10 Day』を何者かがiTunesで販売する

Chance The Rapperがこれまで音源を販売したことがないというのは、このアーティストについて知っている人なら言わずもがなのことだろう。これまでに3枚のミックステープ『10 Day』、『Acid Rap』そして『Coloring Book』をフリーでリリースしてきた彼は、グラミー賞にフリーミックステープをノミネート可能にさせるというルール変更までさせてしまった。そんなルールを貫いてきたChanceのデビュー作『10 Day』を、何者かがアメリカのiTunes StoreとApple Musicにアップロードし、一時的に販売や有料ストリーミングを行っていたことが明らかになった。

もちろん、これはChanceが許可したものではなく不正にアップされたもので、Chance曰くすぐに販売は取り消しをされる予定とのことだ。

Chanceは『10 Day』と『Acid Rap』について、法律用語に則って「この2作品は包括的に、明確に常にフリーだよ」と宣言している。

現在取り組んでいるというデビューアルバムは、どのような形式でリリースされるのか、それ以上にどのような音楽になっているのか、リリースの日が待たれる。

RELATED

Chance The Rapperがシカゴ市長選には立候補せずにAmara Enyia候補を支援すると表明

先月、現シカゴ市長Rahm Emanuelが辞意を表明し、それに対し、喜びのコメントをしていたChance The Rapper。 その後、Chanceは自身のTwitterにおいて、シカゴのシティホールで記者会見を行うことをアナウンス。次のシカゴ市長選に立候補するのではと噂されていた。

Chance The RapperがKanye Westとのコラボプロジェクト『Good Ass Job』について語る

先月、Kanye WestがChance The Rapperとのコラボプロジェクト『Good Ass Job』を作っていると明言して以降、ファンの期待は高まる一方で、詳しい情報などは未だ明らかにはなっていない。

Chance The Rapperが100万ドルをシカゴのメンタルヘルスサービスに寄付

Kanye Westとのコラボアルバムのリリースも待ち遠しいChance The Rapper。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。