歯医者で治療中にレッチリやビートルズのレコードを聴くことができるアメリカの歯科医院

アメリカ・イリノイ州のとある歯医者さんで、治療中に聴くレコードを選べるサービスがスタートした。地元メディアであるThe Southernが報じている。

フルタイムの歯医者であり、パートタイムのレコードコレクターであるDr. Dan Rangitschは、イリノイの自分の歯医者にターンテーブルなどのレコード視聴セットを導入した。

5866f904dbec3.image

訪れた人は治療前にレコードを選んで、いやなドリル音や吸引音をかき消すことができるとのことだ。Rangitschは、「ぼくもあの音は苦手だからね。できるだけ快適にしたいんだ」と語る。Rangitschは笑気ガスを使用して患者をリラックスさせるよりも、音楽を使用してリラックスしてもらいたいと考えている。

レコードのコレクションやレコードについては、「音楽に関しては、みんな違う好みがあるからね。難しいところだよ。みんなが何が好きかを理解しようとしているんだ。けどつまらないBGMは掛けないよ」と語る。

5866cf844ac5c.image

彼のレコードのコレクションにはAlabama Shakes、Red Hot Chili Peppers、Edward Sharpe、Magnetic Zeros、Nirvana、Steely Dan、the Beatlesなどのレコードが含まれるそうだ。

音楽好きなら一度訪れてみたい。

via The Southern

 

RELATED

実際に音楽を奏でるチョコレートでできたアナログ・レコード

フランスの芸術家Julia Drouhinがチョコレートでアナログ・レコードを作った。問題なく再生できて、問題なく食べることもできるそうだ。

VRの仮想現実世界でDJをできるアプリ『Vinyl Reality』が登場

世界で初めて、VRを使用し仮想世界でDJができるアプリが登場した。VRを装着し、コントローラーを用いて、仮想現実の中で実際にDJができるようだ。

Facebook上でレコードをオススメしてくるメッセージに「Yes」と返信するだけで購入できる『The Sound of Vinyl』

Facebookのメッセージ機能で、ユーザーにレコード盤をオススメし、「Yes」と返信するだけでそのレコードが家に届くサービスが始動。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。