GoogleがSoundCloudを約600億円(5億米ドル)で買収するとの噂

Music Business Worldwideが確かな噂として報道したところによると、GoogleがSoundCloudを5億ドル、およそ600億円で買収するかもしれないということだ。

昨年SpotifyはSoundCloudの買収を10億ドル(およそ1100億円)で購入するという話があったが、現在はGoogleがおよそ6億円で食指を伸ばしているという。

SoundCloudの財政報告書によると、Sony、Universal、Warnarという3大メジャーレーベルがSoundCloudの株を持っており、もしこの買収が実現すると株価の9%である50億円が3レーベルに転がり込むことになる。UniversalはSoundCloudの株を4%、Sonyは3%、Warnarは2%持っているとメディアは報道している。

1億7500万のユーザーを抱えるプラットフォームがどうなるのか2017年も目が離せない。

via MBW, Fact

RELATED

SoundCloudにアップロードしたラップが問題となり高校生が実刑の危機

高校に通った経験のある人は、その環境にフラストレーションを抱えることもあったかもしれない。音楽はそのような感情を表現する手段の一つだが、それが思わぬ事態を引き起こしてしまうこともあるようだ。

Googleの検索結果にアーティストによる「つぶやき」が表示される機能が追加

Google検索に新たな機能が追加されたようだ。現在、ミュージシャンや有名人は自分の名前の検索結果の横にTwitterの「つぶやき」のような投稿を書き込むことができるようになっている。

SoundCloudチャートで音源が聴かれなくても1位を獲得する巧妙な方法

元々はダンスミュージックのプロデューサーやDJのためのプラットフォームとして成長していたSoundCloudが、ヒップホップシーンで注目を集めるようになったのはここ最近のことだ。Lil Uzi VertやLil PumpやSmokepurpp、故Lil PeepなどいわゆるSoundCloudラッパーと言われる、SoundCloudで注目を集め羽ばたいていくラッパーが多く登場している。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。