Floating PointsがLAのレコード店の番組『What's in My Bag』に登場し、お気に入りのレコードを紹介

ロンドンを拠点に活動するプロデューサーのFloating Points(フローティング・ポインツ)は、2015年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げ、2016年にワールドツアーを敢行した。日本でも昨年10/7の渋谷WWW Xと朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。

FNMNLでもお気に入りの日本産レコードとレコードストアを選んでくれたFloating Pointsが、LAのレコード店Amoeba Musicの企画『What's in My Bag』に登場し、お気に入りのアルバムを紹介した。


彼はPharaoh Sandersなどのスピリチャル・ジャズを主に選んだようだ。その中には菊地雅章とGil EvansのLPも含まれる。

Pharoah Sanders - Love in Us All (LP)
Persuasive Jazz - Album 1 (LP)
The Edge of Daybreak - Eyes of Love (LP) http://bit.ly/2hLj5WO
Mary Clark - Take Me I'm Yours (LP) http://bit.ly/2hKG1r0
Fumaça Preta - Fumaça Preta (LP) http://bit.ly/2hIpBu9
Gunter Hampel - The 8th of July 1969 (LP)
Charles Earland - Leaving this Planet (LP)
Ornette Coleman - Science Fiction (LP) http://bit.ly/2hLhIHR
Masabumi Kikuchi & Gil Evans - Masabumi Kikuchi with Gil Evans (LP)
Chick Corea & Return to Forever - Light as a Feather (LP)

視聴は以下から。

もちろんFloating Pointsのお気に入りのレコードもチェック。

RELATED

実際に音楽を奏でるチョコレートでできたアナログ・レコード

フランスの芸術家Julia Drouhinがチョコレートでアナログ・レコードを作った。問題なく再生できて、問題なく食べることもできるそうだ。

『RAINBOW DISCO CLUB 2018』にFour TetとFloating PointsがB2Bセットで出演決定

第1弾ではDJ Nobu × Joey Andersonによるコラボセットをアナウンスした『RAINBOW DISCO CLUB』が、本日第2弾出演アーティストを発表した。

VRの仮想現実世界でDJをできるアプリ『Vinyl Reality』が登場

世界で初めて、VRを使用し仮想世界でDJができるアプリが登場した。VRを装着し、コントローラーを用いて、仮想現実の中で実際にDJができるようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。