Cheif Keefがミックステープ『Two Zero One Seven』をリリース

MUSIC  2017.01.03  FNMNL編集部

偽インタビューにブチ切れたCheif Keefがミックステープ『Two Zero One Seven』をリリースした。

Lex Luger and Young Chopらのプロデューサーを起用するも、ほぼ自身でプロデュースした17曲入りのミックステープをリリースした。

昨年は沈黙を続けていたラッパーは、2015年2月にリリースした『Nobody 2』以来となるリリースを果たした。昨年はFilmOn Musicと契約し、2017年は表舞台に出てくる年となるか?

MUSIC

FASHION

CULTURE