Travis Scottが大晦日のライブで、あまりにも下手すぎるバックDJを追い出す

大晦日の夜にTravis Scott(トラヴィス スコット)はカナダのモントリオールで年越しライブを行っていた。そこでTravisのバックDJをしていた男のスキルにイラついたTravisはDJを追い出し、自分で曲をかけはじめてしまった。

その模様は下記の動画にアップされているが、最初からTravisは「曲をかけろよ、この馬鹿野郎」とイラついた様子をみせており、"Pick Up the Phone"のイントロが流れてる間、「モントリオールで一番最悪なDJがステージにいるよ、世界一のラッパーがいるのにさ」と悪態をついている。

さらにTravisを激怒させたのは、"Pick Up the Phone"の途中で、DJが曲をガンノイズで止めてしまったことだ。その瞬間Travisは「ステージから降りろ」とDJに宣告し、その後自身でDJも行う羽目になってしまった。

現在の多くのラッパーのライブのバックDJは、あまりテクニックを要求される場面も多くないが、これはあまりにも下手すぎるので、よく見てみてほしい。

RELATED

ジョナ・ヒルがTravis Scottの『Astroworld』を「今年最高のアルバム」と絶賛し、Kanye Westについても語る

90年代のヒップホップカルチャーを題材にとった自伝的映画『Mid 90s』が現在アメリカで公開中の俳優ジョナ・ヒルがGQの“Men of The Year”インタビューに登場。完成した映画やヒップホップなど様々なトピックについて語っている。

Travis Scottが観覧車型のセットに乗って回転しながらライヴを行う

名実ともに今年を代表するアルバムとなった『ASTROWORLD』をリリースして以来、その勢いを止めることなく活動を続けるTravis Scott。彼は現在『ASTROWORLD』の遊園地をモチーフにしたアートワークに因んで遊園地を思わせるようなステージングのツアーを行なっているが、そんな中でなんとステージに観覧車を登場させてしまった。

Travis ScottのA&Rが「"SICKO MODE"のDrakeのヴァースは『Astroworld』がリリースされる当日に完成した」と明かす

今年を代表するアルバムの一つとなったTravis Scottの『ASTROWORLD』。その中でもDrakeをフィーチャーした“SICKO MODE”は非常に人気が高い一曲だが、Drakeが同曲を制作した時の興味深いエピソードがTravis ScottのA&Rを務めるSickamoreによって明かされた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。