【イベントレポート】日本初の音楽カンファレンス&イベント『TOKYO DANCE MUSIC EVENT』

ダンス・ミュージックに特化した国内初の複合型音楽イベント『TOKYO DANCE MUSIC EVENT(以下、TDME)』が、2016/12/1(木)~3(土)の3日間にわたって開催された。日本のクラブ・カルチャー発信地、渋谷を舞台に行われたこのイベントでは、渋谷ヒカリエホールA、Red Bullスタジオ東京、WOMB、contact、SOUND MUSEUM VISIONの5会場において、『CONFERENCE(国際会議)』『SESSIONS(音楽制作)』『LIVE(音楽パフォーマンス)』の3つのプログラムを展開した。

世界共通のカルチャー・コンテンツ、ダンス・ミュージックが持つ可能性とは?渋谷区長から著名アーティストまで参加した、大規模イベントの様子についてレポートする。

取材:Yuuki Yamane

TDME

音楽業界のが分かる『CONFERENCE(国際会議)』

1・2日目に行われたCONFERENCEには、ULTRA RECORDSの設立者であるPATRICK MOXEYやTHE FADER編集長のRUTH SAXELBYなど、音楽ビジネスにおけるキーマン約50名が登壇。フェスやコンサート・クラブ事情に加え、マーケティング、ストリーミング配信、プロモーション、さらには風営法までと、幅広いにテーマについて熱い討論を繰り広げた。

TDME

中でも大きな注目を集めたのは、テクノDJの世界最高峰と称されるNINA KRAVIZへのインタビューだ。「テクノ・グローカリズム」のテーマのもと、DOMMUNE代表の宇川直宏とともにテクノ・ミュージックの地域性やシーンの特色について掘り下げながら、自身が主宰するレーベル「трип(トリップ)」について解説した。

Nina

インタビューの中でNINAは、「レーベル名には“世界中を旅してローカルとコネクトしたい”という思いを込めた。EDMを含め、テクノの中にポピュラーカルチャーとサブカルチャーの両方が存在している現状は、とても良い状態。このレーベルがリスナーにとってより良いガイドになれば」と、真摯に語った。

音楽制作のノウハウを学ぶ『SESSIONS(音楽制作)』

CONFERENCE と平行して行われたSESSIONSでは、UKのテクノ&ハウス・レーベルTOOLROOM RECORDSプレゼンツによる音楽学校が開催。ハウスデュオPROK & FITCHに並び、banvoxや☆Taku Takahashiといった世界で活躍する国内人気アーティストも講座やワークショップを実施し、音楽制作におけるプロのノウハウを直々にレクチャーした。

TDME

上級者向けの「TECHNO MASTERCLASS」には、世界的なテクノ・プロデューサーのUMEKが登場し、即興のトラックメイキングを実演。さらに、参加者から寄せられる多くの質問にも笑顔で答え、「たくさんのトライアンドエラーが大事。スタジオで存分にもだえ苦しみながら、音楽制作における自分なりの公式を見つけてほしい」と、メッセージを送った。

 

このほか会場には、AbeltonやElektron、Pioneer DJといった、シーンを支える楽器メーカーの新製品を体験できるコーナーもあり、多くのクリエイターで賑わっていた。

TDME

世界の最新サウンドを体感する『LIVE(音楽パフォーマンス)』

2・3日目の夜に行われたのは、国内外の多彩なアーティストを召喚したLIVE。『STERNE×TOOL ROOM』では、日本が誇るテクノ・マエストロ石野卓球とインドのテクノシーンを牽引するARJUN VAGALEが共演したほか、『VISION×TDME』ではETC!ETC!をはじめ、BANVOXやSHINTAROといったベースミュージック/トラップのプロデューサー&DJたちが集結。さらに『GIORGIO MORODER×TDME』では、ディスコ界のリビング・レジェンドGIORGIO MORODERが来日。熟練のパフォーマンスを披露し、フロアを魅了した。

TDME

TDME

TDME

 

ほかにも『TDME×BOILER ROOM』では、SATOSHI OTSUKIやSeiho、galcidといった気鋭の日本人アーティストをフィーチャーし、そのパフォーマンスを全世界へ向けて配信。若手から重鎮まで、それぞれが紡ぎ出す至高のグルーヴが渋谷の街全体に溢れた。

 

日本のダンス・ミュージックシーンにおいて、新たな歴史の幕開けを予感させるイベントとなったTDME。ジャパニーズ・クラブ・カルチャーのさらなる発展に期待が高まる。

RELATED

【ライヴレポート】『LIVE in JAPAN 2018 星野源 × MARK RONSON』| 国境を越えて共鳴するモダンなポップミュージック

星野源とマーク・ロンソンのダブルヘッドライナー公演「LIVE in JAPAN 2018星野源×MARK RONSON」が12月17日に千葉・幕張メッセ国際展示場9~11ホールにて開催された。

【ライヴレポート】宇多田ヒカル 『Laughter in the Dark Tour 2018』 | 「今までで一番ライヴを楽しんでいるんだ」

宇多田ヒカルのコンサートツアー『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018』の埼玉公演が、12月5日にさいたまスーパーアリーナで開催された。この日のライヴは同会場での2DAYS公演の2日目。ツアー全体では12月8、9日に幕張メッセ国際展示場で行われたファイナルを前にした終盤戦だった。

【ライヴレポート】NAO | バンドセットでシンガーとしての力量をみせつけた文句なしの「楽しい」パフォーマンス

会場に集まったオーディエンス全員が笑顔で帰路に着いたことが想像できるような、文句なしに「楽しい」ライヴだった。いい意味でイメージを裏切られた——そんな人も多かったのではないだろうか。 Ella MaiやJorja Smith、などイギリス発の女性R&Bシンガー新世代が世界的な注目を集め...

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。