21 SavageとYoung&Recklessのコラボマーチャンダイス第一弾がリリース

カリフォルニアを拠点とするストリートブランド『Young&Reckless』がアトランタのラッパー21 SavageとコラボレーションしたTシャツ、パーカー、キャップなどを12/31にリリースした。

黒、白、赤を基調としたカラーリングや21 Savageのフォトコラージュ、ジェイソン・ボーヒーズのアートグラフィックなどから21 Savageの世界観を醸し出し、21 Savageファンに応えるデザインになっている。

『Young&Reckless』のCEOであるChris"Drama"Pfaffは21 Savageとのコラボレーションについて「21 SavageはYoung&Recklessの生き方を体現している。」と語る。今回の人選はChrisの中で21 Savageの活躍や一挙一動が『Young&Reckless』のテーマと一致したからだ。

21 Savage

21 Savage

21 Savageと『Young&Reckless』のコレクションは12/31からPacnSunの店舗とオンラインショップから購入可能だ。(野口耕一)

 

RELATED

21 SavageがSZAの“The Weekend”などR&Bチューンのカラオケを披露

今ではアトランタを代表するラッパーの1人である21 Savageは今後ジュエリーは付けないと宣言したり、子供達のためにチャリティーを設立するなど、楽曲にダークなものが多いのも相まって、クールで真面目なイメージがあるが、意外とお茶目な一面もあるようだ。

21 Savageが「Drakeの新人アーティストに対する献身的な行動は十分なリスペクトを得られていない」と語る

明日ニューアルバム『Scorpion』をリリースするDrakeは、昨年はBlocBoy JBの"Look Alive"に参加し、今年に入ってからはLil Babyの"Yes Indeed"と、若手アーティストの楽曲にフィーチャーされている。

21 Savageが「アトランタのラッパーは全員クソだ」と攻撃

ジュエリーを買うのをやめて、貯金を始めるなど新しいギャングスタラッパーの道を歩み始めているように思える21 Savageだが、遂には地元のラッパーたちにも愛想をつかしてしまったようだ。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。