Young ThugとFutureによるコラボプロジェクトの噂

2015年末、Futureのミックステープにエグゼクティブプロデューサーとして関わったMetro Boominによるミックステープシーンへの批判を発端に、Young ThugとFutureの間にビーフが勃発した。

ミックステープシーンは粗悪な楽曲で飽和状態であり、楽曲を量産するトレンドを生み出したFutureにしか量と質の両立が出来ない、という趣旨のMetro Boominのツイートを、ディスと受け取ったYoung Thugが噛みついたことでFutureとのビーフに発展したのである。

ビーフ状態にあった2015年末の段階ではYoung ThugとFutureが共にスタジオで制作する見込みは薄かったが、1年が経った現在、彼らがジョイントプロジェクトに向けた準備を整えた可能性が非常に高い。今年9月に正式に和解へ至って以来、Young ThugとFutureは新曲に向けたディスカッションを続けており、幾つかの情報からプロジェクトが進行していることを窺わせた。

まず、のちにFutureにリツイートされたYoung Thugの謎めいたツイートである。

Futureとビジネスがしたい

ネットコミュニティKanye To Theは21 Savageの仲間と思われる男のツイートも紹介している。「それにしてもThugとFutureの新しいプロジェクトは最高だな」というツイートは現在消去されているが、21 Savageは現在Young Thugと共にツアーやレコーディングを行なっており、Young Thugについての新情報が彼の耳に入っても不思議ではない。

そして何より、Young ThugのニューヨークでのライブにFutureが出演したという事実がある。彼らの新曲を耳にできる日はそう遠くないと言えるだろう。

RELATED

Futureが大量のスニーカーを買いながら「月に30万ドルは服に使う」と告白

今月リリースしたニューアルバム『The WIZRD』も好調なFutureが、Complexの人気企画「Sneaker Shopping」に登場。スニーカーを選ぶ中で、服についての衝撃的な発言を行なった。

Futureの最新作『Future Hndrxx Presents: The WIZRD』がリリース

Zaytovenとの『Beast Mode 2』そしてJuice WRLDとの『WRLD ON DRUGS』に続くFutureソロでの待望のニューアルバム『The WIZRD』が今日リリースされた。

Futureがリーンをやめたことを「誰にも話したくない」と語る

ラッパーにとってリーンをやめることは難しい。Playboi Cartiが「SNSでリーンをやめたと宣言することはダサい」と発言していたように、一度リーンを辞めたと公表しても時間が経つとまたリーンに走ってしまうラッパーも少なくない。そんな中、最新作『The WZRD』のリリースを控えており、リーンをテーマにした楽曲を数多く作ってきたFutureがリーンをやめることについて語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。