2016 Best Or Worst by DJ Fulltono

いよいよ2016年も残す所、12月を残すのみ。今年も様々な作品の話題や、トピック、ムーブメントが起きては過ぎ去り、慌ただしい日々を過ごしていたという人も多いはず。そんな2016年をFNMNLなりに振り返る企画「2016 Best or Worst』。様々なジャンルで活躍する方々に、今年の個人的なベストもしくはワースト、もしくは両方をあげてもらった。DJ/トラックメイカーでレーベルBooty Tuneを運営するDJ Fulltonoによる2016年のベスト

2016 Best by DJ Fulltono

DJ FUNKと佐伯誠之助の日米プッシーライド決戦

 

コメント

2016年は自分にとって本当に色々な出来事が目白押しでしたが、その中でも心に残ったのが、自分が大阪で主催するパーティーSOMETHINNで起こった奇跡的な一コマです。シカゴ・ブーティーハウス王DJ FUNK待望の来阪ということで満を持してブッキングした関西の変態王、佐伯誠之助。先にライブを披露した佐伯氏の下ネタ・パフォーマンスは、笑い声が起こるどころか発狂がフロアを飛び交う。その白熱のパフォーマンスをステージ後ろから眺めるDJ FUNK。そしてライブ後に次に控えたDJ FUNKを紹介する佐伯氏のマイクパフォーマンスに僕は感動しました。この後のフロアの白熱ぶりは言うまでもなく、プッシーライド連呼ブーティーハウスで感動の嵐。この日米共演は次世代に語り継ぎたいと思います。

来年に向けての告知など

2017年も世界に向けていっぱい仕掛けていきますんで、DJ Fulltonoをチェックしてください。

http://djfulltono.com

https://www.facebook.com/djfulltono/

https://soundcloud.com/dj-fulltono

プロフィール

Fulltono

DJ Fulltono

DJ/トラックメイカー。レーベル「Booty Tune」を運営。大阪にてパーティー「SOMETHINN」を主催。ジューク/フットワークを軸に Ghettotech / Electro / Chicago House等をスピン。2014年に自身のレーベルから、ミニマルを前面に押し出したジュークEP [My Mind Beats Vol.01] がUSの[Orange Milk]からライセンスされ、USの音楽メディア[Rolling Stone]が選ぶ “20 Best EDM and Electronic Albums of 2015” に選出。2016年ポーランドで開催されたUnsound Festivalに出演。タワーレコード音楽レビューサイトMikikiにて「D.J.FulltonoのCrazy Tunes」連載中。

RELATED

RP BOOが心斎橋TRIANGLEに登場 | オオルタイチやDJ Fulltonoなどが共演

シカゴのジューク/フットワーク·シーンの最深部に君臨するプロデューサーRP BOOの待望の再来日公演が、今週末に心斎橋TRIANGLEで開催。関西を代表する強力アクトと夢の共演を果たす。

2016 Best Or Worst by イシイエリ

いよいよ2016年も残す所、12月を残すのみ。今年も様々な作品の話題や、トピック、ムーブメントが起きては過ぎ去り、慌ただしい日々を過ごしていたという人も多いはず。そんな2016年をFNMNLなりに振り返る企画「2016 Best or Worst』がスタート。様々なジャンルで活躍する方々に、今年の個...

2016 Best Or Worst by TJO

いよいよ2016年も残す所、12月を残すのみ。今年も様々な作品の話題や、トピック、ムーブメントが起きては過ぎ去り、慌ただしい日々を過ごしていたという人も多いはず。そんな2016年をFNMNLなりに振り返る企画「2016 Best or Worst』がスタート。様々なジャンルで活躍する方々に、今年の個人的なベストもしくはワースト、もしくは両方をあげてもらった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。