2016 Best Or Worst by 寺田創一

いよいよ2016年も残す所、12月を残すのみ。今年も様々な作品の話題や、トピック、ムーブメントが起きては過ぎ去り、慌ただしい日々を過ごしていたという人も多いはず。そんな2016年をFNMNLなりに振り返る企画「2016 Best or Worst』。様々なジャンルで活躍する方々に、今年の個人的なベストもしくはワースト、もしくは両方をあげてもらった。今年も世界各地でパフォーマンスを披露するなど、多忙な1年を過ごした寺田創一による2016年のベスト。

2016 Best by 寺田創一

Shinichiro Yokota - Orange Moon

Shinichiro Yokota

コメント

25年前からFar East Recording で一緒にリリースを重ねてきた横田信一郎が2016年末にリリースしたソロアルバム中の最後の曲です。基本的には2小節の繰り返しながら、ミニマルを超えた叙情的なサウンドスケープを感じさせるトラックで、この1曲のために全体の制作が半年遅れたにしてもその甲斐はあったんじゃないだろうか?ダンスフロアにおいては最初もしくは最後の頃の時間帯で美しく機能することをお約束します~

プロフィール

寺田創一

寺田創一

昨年オランダのRush Hourからリリースされたアルバム『Sounds from the Far East』をきっかけに世界的な再評価が起こっている、日本のハウスミュージックシーンのパイオニア。

https://twitter.com/fareastrecordin

 

 

RELATED

Soichi TeradaとShinichiro Yokotaによる19年ぶりのライブセッションがKWELのオープンエアーパーティーで実現

これまでVakula、Hunee、Tom Tragoを招聘してきた東京のパーティークルーKWELが9月29日(土)に夢の島のMARINA&GRILLで初のオープンエアーパーティーを開催する。 ヘッドライナーには、国内のハウスシーの黎明期であった1988年に Far East Recor...

Innershadesの来日イベントに横田信一郎が出演

ドイツ語で「新しい何か」を意味するイベント『etwas Neues』が7/13(金)に東京・中目黒のsolfaにて開催される。

日本のハウスミュージックのパイオニア寺田創一とShinichiro YokotaによるレクチャーがTHE STAR FESTIVALで開催

明日5/19に京都・スチール®の森でMathew JohnsonやAxel Bomanなどを迎えて開催される、ダンスミュージックフェス『THE STAR FESTIVAL』で、日本のハウスミュージックのパイオニアの寺田創一とShinichiro Yokotaによるレクチャーが開催されることになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。