SoundCloud、著作権保有者のリクエスト次第で曲を削除する方針は続ける

先週SoundCloudの共同創設者であり、最高技術責任者のEric Wahlforssが重要な企業と結んだ協定により、そのストリーミングサービス(SoundCloud)はこれ以上著作権のついた楽曲を含んだDJミックスをプラットフォームから取り除くことはしないとアナウンスした。

しかしその新しい方針は当初の報告が言うように全てが全ての楽曲を含んでいるわけではない。

というのも、先週水曜にポストされた社のブログ内で、SoundCloudはDJミックスの除去が大幅に減った一方、著作権のある楽曲は引き続き「そのクリエイターが要望すれば」削除されると説明した。

ブログでは、「クリエイターの要望によって除去がとり行われるということを覚えておいてほしい。私たちが業界の中で下した協定が楽曲除去の可能性を大いに減らしたが、なんと言ってもクリイターたちによって動かされているプラットフォームであるため、私たちは彼らを尊重し、従って彼らが自分たちの楽曲を含むコンテンツに対して除去をリクエストする権利をも尊重する。」とも述べられている。

必ずDJミックスが消される心配がないというわけではないが、自分のミックス作品をパブリックでシェアするプラットフォームとしては引き続き大いに活用できるだろう。

その投稿されたブログ記事『コミュニティからの最近の質問』全文はこちら

RELATED

ミュージシャンは音楽業界全体の売り上げのうち12%を得ていることが判明 | 変わりつつある産業構造

先日、2018年上半期のアメリカにおける音楽の売り上げのうち、ヒップホップが2年連続で全体1位のシェアを獲得したことを取り上げたが、実際のところ、その売り上げはどのくらいの割合でアーティストに還元されているのだろうか?

ストリーミングで儲かるアメリカのメジャーレーベル|ユニバーサルとソニーは1時間毎に50万ドルの収益をあげていると判明

『Music Business Worldwide』がユニバーサルミュージック(UMG)とソニーミュージックの今年の上半期の決算結果を分析した。今年1月~6月の2社のストリーミングによる収入の合計は2600億円以上。計算すると1時間ごとにストリーミングだけで5500万円以上の収入を得ていることになる。

ヒップホップとR&Bの売り上げがアメリカでさらに拡大 | ロックを引き離し売上全体の31%のシェアを獲得

データ調査会社のニールセンが、2018年上半期のアメリカにおける音楽売り上げデータを発表した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。