2016 Best Or Worst by Zodiak / Takashi Makabe

MUSIC  2016.12.24  FNMNL編集部

いよいよ2016年も残す所、12月を残すのみ。今年も様々な作品の話題や、トピック、ムーブメントが起きては過ぎ去り、慌ただしい日々を過ごしていたという人も多いはず。そんな2016年をFNMNLなりに振り返る企画「2016 Best or Worst』。様々なジャンルで活躍する方々に、今年の個人的なベストもしくはワースト、もしくは両方をあげてもらった。大阪生まれのグラフィックデザイナー/DJのZodiak / Takashi Makabeによる2016年のベスト。

2016 Best by Zodiak / Takashi Makabe

Raime - 『Tooth』 (Label : Blackest Ever Black)

 

コメント

1stアルバムからミニマルなバンドサウンドへ進化したRaimeの2ndアルバムが今年のベストです。Berlin Atonalで見たRaime German Premiere Liveは、1stEPがリリースされた当時の衝撃を乗り越えるような、とんでもなく緊張感のあるダークでクールなライヴだった。まだまだ彼らのアプローチに挑発されて続けていたい。

来年に向けての告知など

2017年2月5日から始まる『田巻裕一郎 個展 "リトミック” 小岩BUSH BASH』オープニング出演。

プロフィール

Zodiak

Zodiak / Takashi Makabe

1984年大阪生まれ。グラフィックデザイナー/DJ。

2016年の主な仕事
『フューチャー・デイズ──クラウトロックとモダン・ドイツの構築』(ele-king books)
『Ryo Murakami - Esto』(Bedouin Records)
『Richard Kern Film Collections』(シアター・イメージフォーラム)
『行松陽介主催 Zone Unknown』アートディレクション

MGMDよりMix Tape『Serious Killer (2015)』『Techno Allergy (2015)』を2本同時リリース。
CE$とのユニット『F.P.M.U.S』も始動。

http://takashimakabe.com/
https://soundcloud.com/zodiak

MUSIC

FASHION

CULTURE