2016 Best Or Worst by Park Daham

CULTURE  2016.12.23  FNMNL編集部

いよいよ2016年も残す所、12月を残すのみ。今年も様々な作品の話題や、トピック、ムーブメントが起きては過ぎ去り、慌ただしい日々を過ごしていたという人も多いはず。そんな2016年をFNMNLなりに振り返る企画「2016 Best or Worst』。様々なジャンルで活躍する方々に、今年の個人的なベストもしくはワースト、もしくは両方をあげてもらった。アジアを飛び回る韓国インディーシーンの重要人物Park Dahamによる2016年のベスト&ワースト

今年のBEST/WORSTを選定してみます。 2016年はいろいろ複雑な一年だったね。。韓国は政治的な問題も多く、文化芸術界では性的暴力の/セクハラ問題が多かったです。 みんな考えさせられた2016年でした。あれこれ選択してみます。

2016 Best by Park Daham

1 Deaths in 2016

コメント

PrinceからLeonard Cohenまで(あ、Abbas Kiarostamiもいて,)取り分け多くの人たちが2016年に死んだ。一つの時代がこのように、整理されるんだという感じもある、自然に次の時間が開かれるという感じがあった。故に時間があるときに、WIKIのDeaths in 2016を見れば気持ちが和む。

2 晩酌銀紋(ギンモン)

コメント

今年に行った最高の居酒屋と思う。 韓国でもこの居酒屋があれば良いなあ。 TECHNOとACIDがプレーされて、漫画の代わりにPUNK ROCK関連本が陳列されている飲み屋は韓国のどこにもない。 訪問して、一気に惚れてしまった店だ!

3 アジア旅行

コメント

今年台湾を2回、中国を1度行ってきた。 これまで日本をたくさん行ってきた。(考えてみると13回ぐらい行ってきたようだ)チャンスがあって台湾と中国に行って来たが、推薦したいバンド/空間/人たちは台湾のノーウェーブ/ポストパンクバンドFORESTS(そして彼らのフェスティバルNoWhereも推薦する)、台湾の最高AORバンド(事実AORと規定されない。)SUNSET ROLLERCOASTER。上海の消える予定だけど、本当に経験すれば、忘れられないクラブSHELTER、北京の素敵な空間/ライブハウスfRUITYSPACE、GROOVEBUNNYRECORDSのENDYのコレクション。あ、台湾のMEUKO!MEUKO!12月に台湾のKORNERでdohits!来てfoodmanなどアジアのアンダーグラウンドダンス音楽が混ざってしまう行事があるという。アジアを旅行し、このような考えをした。同じような経済/政治的状況にあるが、また、他の環境で、各々動いてる人たちがいろんなイベントで集まる状況が、もっと多くなったら

2016 Worst by Park Daham

1 韓国の性的暴力/セクハラ問題/大統領をはじめとする政治問題

コメント

今年下半期はとても憂鬱な年だった。ソウルの美術館のキュレーターが、複数の人たちに性的暴力/セクハラで犯したという話がツイッターを通じて暴露になり始めたことで、美術界を含めて音楽/文学/映画/演劇など様々な分野を含めて女性たちの告白が始まった。この告白は多くの人々に衝撃を与えたが、今後進むべき道について考える余地を残した。これから先の創作でもそうだし、基本的な暮らしの態度にも多くの思った部分を残した。個人的に男性として不足したジェンダー・感受性について強く認識するようになり、努力しなければならないということを分かるようになった。韓国の大統領は本当に最悪だ。今になって正しい方向で、弾劾になって幸いだが、今後の方向性がどこに流れるか悩みになる。

2 ドナルド・トランプの当選

コメント

北京と上海に戻る列車の中で寝ているのに、上海に到着しているところに当選の知らせを聞くようになった。 どのような意味に思えば、Deaths In 2016と連結されている。 本当に崩れかけてあるんだ。 この世界が。

3 2016

コメント

そのままずっとして考えるが、今年がよくない年だった。 しかし、来年はもっとがんばって良いことをずっとして作りたい。いつも大変なことがあるたびに、最悪の環境の中で作り出した気持ち良いことを想像しながら少しずつ前進しようとしている。 (とてもポジティブか?)(笑)でもそんな今年の決算を終わらせたい。 いろいろと今年の会った多くの人たちにありがとうございます!

プロフィール

Park Daham

Park Daham

『Helicopter Records』で数々のソウル・インディー音源のリリース、No MusicクルーのCong Vuとの『No Club』や『Oyoboshi』などを始め、アジアを飛び回る韓国インディーシーンの要人

MUSIC

FASHION

CULTURE