ウェス・アンダーソンの新作は犬が主役のストップモーション・アニメ。ビル・マーレイやエドワード・ノートン、スカーレット・ヨハンソンなどが出演

『グランド・ブダペスト・ホテル』や『ダージリン急行』などで知られる人気映画監督ウェス・アンダーソンが自身の新作の構想について発表した。

 

今週ウェス・アンダーソン自身が登場し、次回作について説明するムービーがVimeoにアップされた。動画内で監督は次回作のタイトルが『Isle of Dogs』で犬をテーマにしたストップモーション・アニメーションになると発表した。

ウェス・アンダーソンの動物がテーマになったストップモーション・アニメ作品としては、2009年の『ファンタスティック Mr.FOX』が思い出される。

 

2018年に公開予定の『Isle of Dogs』には同監督の作品には欠かせないビル・マーレイをはじめ、エドワード・ノートンやスカーレット・ヨハンソン、ハーヴェイ・ カイテル、オノ・ヨーコや野村訓市などが出演する。

また上記の動画内で作品の1コマとみられる犬が映ったシーンが紹介されている。

Wes Anderson

さらに現在こちらのサイトで同作の撮影を見学し、登場する犬の声で出演もできるキャンペーンも行っている。10ドルをマーティン・スコセッシ監督が設立した映画保存を目的としたNPO団体、Film Foundationに寄付すると1名に出演権が与えられる。

ウェス・アンダーソン (DVD)

RELATED

『コメディ映画文化祭』が来週開催 | 長谷川町蔵、山崎まどかや徳利もトークショーに登壇

12/15(土)と12/16(日)の2日間に、東京・高円寺の座・高円寺2でAfter School Cinema Club + Gucchi ’s Free Schoolによる映画祭『傑作?珍作?大珍作!! コメディ映画文化祭』が開催される。 映画祭ではアフリカン・アメリカン版『アメリカン・グ...

本日88歳を迎えたジャン=リュック・ゴダールの最新作『イメージの本』が来年日本公開決定

本日88歳を迎えた巨匠ジャン=リュック・ゴダール監督の最新作『LE LIVRE D'IMAGE(英題:THE IMAGE BOOK)』の邦題が、『イメージの本』に決定し来年のゴールデンウィークにシネスイッチ銀座他で公開されることが発表となった。

クリント・イーストウッドが年老いたドラッグの運び屋を演じる監督・主演最新作『運び屋』の日本公開が決定

88歳にして今なお精力的に作品を世に出し続けているクリント・イーストウッド。『アメリカン・スナイパー』や『15時17分、パリ行き』などに続き、久しぶりの自身の監督・主演作となる『運び屋』(原題 : 『THE MULE』)の日本公開が来年3月に決定した。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。