畠山直哉撮影+祖父江慎デザインによる、クリスチャン・ボルタンスキーの東京での初めての個展図録

CULTURE  2016.12.11  FNMNL編集部

クリスチャン・ボルタンスキーは、歴史のなかでろ過されてきた、記憶の蘇生、 匿名の個人/集団の生(存在)と死(消滅)を表現したインスタレーションで、世界的に高い人気を誇っている。ボルタンスキー初の東京での個展『クリスチャン・ボルタンスキー アニミタス-さざめく亡霊たち』の開催を記念した、畠山直哉が撮影し、祖父江慎がデザインを手がけた、図録が刊行される。

東京都庭園美術館で開催されている個展『クリスチャン・ボルタンスキー アニミタス-さざめく亡霊たち』は12/25までの会期となる。

今回出版される図録は、時代の転換期の記憶を宿す旧朝香宮邸で行われる東京での初個展、 公式展示図録。

ボルタンスキー
さざめく亡霊たち
心臓音
心臓音
影の劇場
影の劇場
アニミタス
アニミタス

Info

ボルタンスキー

書名:『クリスチャン・ボルタンスキー アニミタス―さざめく亡霊たち』

http://pie.co.jp/search/detail.php?ID=4861

仕様:A4判変型(290×210mm)/ソフトカバー/ 100 Pages (Full Color)

定価:(本体2,500円+税)

ISBN: 978-4-7562-4861-9  C0072

発売日:2017年1月16日

発売元:パイ インターナショナル

 

会期:2016年9月22日(木・祝)– 12月25日(日)

会場:東京都庭園美術館(本館・新館)

休館日:第2・第4水曜日(9/28、 10/12・26、 11/9・24、 12/14)

開館時間:10:00–18:00(入館は閉館の30分前まで。 )

http://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/160922-1225_boltanski.html

※展覧会会場にて図録「クリスチャン・ボルタンスキー アニミタス_さざめく亡霊たち」を先行発売致します。 (12月8日販売開始)

MUSIC

FASHION

CULTURE