佐藤拓人(ifax!)の個展『scholē』が恵比寿のOVER THE BORDERで開催中

CULTURE  2016.12.10  FNMNL編集部

ArtLABの運営する東京・恵比寿にあるギャラリーOVER THE BORDERで、佐藤拓人(ifax!)の個展『scholē』が開催されている。

佐藤拓人(ifax!)はグラフィック、絵画、立体造形の製作を中心に、近年ではネオンサインと植物を組み合わせた空間表現でギャラリー・海・山などの様々な場所で活動している。

本展『scholēではネオンサイン、植物、etcを組み込んだ立体造形(育成可能で10年後未知の変化を願った)作品を中心に、絵画、グラフィックなどを展示している。形状や素材にとらわれることなく集積された様々な物質/媒体を用いて作れる空間/作品は、何らかの気配で満ち、日常ではけして開かれることのない感覚が展開している。

佐藤拓人

佐藤拓人

佐藤拓人

 

佐藤拓人の景観デザインはあらゆる創作物、植物にネオンサインが放出する紫外線を伴う妖しい彩りを投射することによって生まれます。
それらの佇まいは宇宙存在の根本的な生成へと大きな想像力の飛躍をもって接続し、一帯に銀河系の遠景を視るかのような視覚的官能を帯び、バイオアートの新地平を予感させます。
つまるところ、宇宙の借景。
生命活動の宇宙が空間に出現し、それは有機的かつエフェクティブなフラクタル現象の想起に繋がります。

文 ナパーム片岡(FOREST LIMIT)

Info

展覧会名

scholē

会期

前期

2016年12月1日(木)〜12月25日(日)

後期

2017年 1月6日(金)〜22日(日)

12:00~20:00 月曜休廊

場所
OVER THE BORDER
東京都渋谷区恵比寿南1-3-6 CIビル4F(GoogleMap)
東京メトロ 日比谷線 恵比寿駅 5番出口より徒歩1分
JR 山手線 恵比寿駅 西口より徒歩3分

作家
佐藤 拓人(さとうたくと)(ifax!)

展示作品
立体作品/インスタレーション

MUSIC

FASHION

CULTURE