LOOPY HOTELがジャカルタのブランドDEVA STATESと映画『Jungle Fever』にオマージュを捧げたコラボアイテムをリリース

LOOPY HOTELは米国のハイウェイ沿いにある架空のモーテルをイメージしたロゴや、グラフィックにヴィンテージポルノ雑誌のサンプリング、 映画のワンシーンなどからインスピレーションを受けたアイテムを展開する注目ブランドだ。そんなLOOPY HOTELがジャカルタを拠点に活動するブランドDEVA STATESとのコラボアイテムをリリースした。

今回のカプセルコレクションでは90年代の映画”Jungle Fever”へのオマージュとして製作された、Tシャツ、ロンT、そしてキャップがリリースされている。

今回のコラボに至ったきっかけは、Deva StatesのデザイナーTheoが8月に日本に来た時にBACKDOORさんでLOOPYのTシャツを買ったのが始まりだという。その後Instagramでメッセージをするうちに、好きなものも似ていて、お互い1993年生まれということもあって盛り上がり一緒に何か作ろうということで、出来上がったのが今回のコレクションだ。

お互いへのリスペクトを感じつつ作られたアイテム、ぜひ手にとってみてはいかがだろうか?

これらのアイテムは12/14にLoopy Hotel onlineとSupply Backdoor、UKのBene Culture、インドネシアのFooturamaで発売される。

LOOPY HOTEL WEB: http://loopyhotel.tumblr.com/

SUPPLY: http://www.supply-tokyo.com

Jungle Fever(楽天)

RELATED

インドネシアのストリートブランドDevá StatesがESTNATION限定のTシャツコレクションを発売

インドネシアのジャカルタを拠点にするストリートブランドDevá Statesが、Dover Street Marketに続き東京と大阪に店舗を構えるセレクトショップESTNATION限定のTシャツコレクションをリリースする。

LOOPY HOTELの2018SS Drop2のLOOKBOOKが公開 | Phil CollinsやEgyptian LoverへのオマージュTなども

LOOPY HOTELの2018SS Drop2のLOOKBOOKが公開された。

LOOPY HOTELが映画や音楽にオマージュを捧げた2018SSの1stコレクション

LOOPY HOTELが2018SSのコレクションから、第1弾となるアイテムを本日オンラインストアでリリースした。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。