寺田創一の盟友Shinichiro Yokotaのフルアルバム『Do It Again And Again』

MUSIC  2016.12.02

日本のハウスシーンのオリジネーターの1人で、現在世界的な再評価が高まっている寺田創一が運営するレーベルFar East Recordingから、寺田の盟友でありプロダクションパートナーのShinichiro Yokotaによるアルバムがリリースされた。

寺田創一が自身のツアーでもたびたび披露し、大きな反響があるという"Do It Again"のプロデューサーであるYokotaは、寺田からハウスミュージックとシンセサイザーを教わり、プロデューサーとしてのキャリアをスタート。

今回のアルバム『Do It Again And Again』はYokotaにとって初めてのフルアルバムとなり、Yokotaらしいソウルフルでファンキーな大ネタ使いのハウスチューン"Gotta Have House"をはじめとして、浮遊感漂うアーバンブレイクビーツチューン"Water Melodies"や、アーシーな"Way Of Jungle"などバラエティーに富んだ14曲を収録している。

YokotaからFNMNLに対してコメントが到着している。

当時、Far east recodingのアルバムには収録されなかった未発表作品を中心に
今回のフルアルバムをリリースさせて頂きました。全14曲の収録されたこのアルバムに
は80年代終わりから90年代初頭に制作されたハウス、グラウンドビート。2000年
以降に制作されたテクノホップから三味線ハウス、SAXが歌い上げるスロービートまで「和」
を取り入れた横田ワールド全開な作品集となっております。ぜひ、お聴きください。

Shinichiro Yokotaの『Do It Again And Again』は現在AmazonなどでCDを購入できる。

あわせて読みたい

MUSIC

FASHION

CULTURE