寺田創一の盟友Shinichiro Yokotaのフルアルバム『Do It Again And Again』

日本のハウスシーンのオリジネーターの1人で、現在世界的な再評価が高まっている寺田創一が運営するレーベルFar East Recordingから、寺田の盟友でありプロダクションパートナーのShinichiro Yokotaによるアルバムがリリースされた。

寺田創一が自身のツアーでもたびたび披露し、大きな反響があるという"Do It Again"のプロデューサーであるYokotaは、寺田からハウスミュージックとシンセサイザーを教わり、プロデューサーとしてのキャリアをスタート。

今回のアルバム『Do It Again And Again』はYokotaにとって初めてのフルアルバムとなり、Yokotaらしいソウルフルでファンキーな大ネタ使いのハウスチューン"Gotta Have House"をはじめとして、浮遊感漂うアーバンブレイクビーツチューン"Water Melodies"や、アーシーな"Way Of Jungle"などバラエティーに富んだ14曲を収録している。

YokotaからFNMNLに対してコメントが到着している。

当時、Far east recodingのアルバムには収録されなかった未発表作品を中心に
今回のフルアルバムをリリースさせて頂きました。全14曲の収録されたこのアルバムに
は80年代終わりから90年代初頭に制作されたハウス、グラウンドビート。2000年
以降に制作されたテクノホップから三味線ハウス、SAXが歌い上げるスロービートまで「和」
を取り入れた横田ワールド全開な作品集となっております。ぜひ、お聴きください。

Shinichiro Yokotaの『Do It Again And Again』は現在AmazonなどでCDを購入できる。

RELATED

寺田創一によるプロジェクトOmodakaの代表曲と未発表音源を収録した7インチがリリースへ

日本のハウス・レジェンドとして活躍を続ける寺田創一によるテクノと民謡とモーション・グラフィックスの融合実験プロジェクトがOmodakaだ。

Soichi TeradaとShinichiro Yokotaによる19年ぶりのライブセッションがKWELのオープンエアーパーティーで実現

これまでVakula、Hunee、Tom Tragoを招聘してきた東京のパーティークルーKWELが9月29日(土)に夢の島のMARINA&GRILLで初のオープンエアーパーティーを開催する。 ヘッドライナーには、国内のハウスシーの黎明期であった1988年に Far East Recor...

Innershadesの来日イベントに横田信一郎が出演

ドイツ語で「新しい何か」を意味するイベント『etwas Neues』が7/13(金)に東京・中目黒のsolfaにて開催される。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。