2016年Spotifyで最も再生されたアーティストはDrake

Spotifyが今年の終わりを目前に2016年に最も再生されたアーティスト、曲、アルバム、ジャンルのランキングを発表した。そこで、アーティスト部門でトップを飾ったのが去年の再生回数18億を超え、今年は47億回以上ストリーミング再生されたラッパーのDrakeと発表された。Drakeは2年連続で最も再生されたアーティストとなる。

Drakeのアルバム『Views』(24億回以上)は今年もっとも再生されたアルバムとされ、また、アルバムの中でも今年のダンスホールブームを代表する曲となった"One Dance"(9,7億回以上)も同じくシングル曲部門でトップにランクインし、同時にSpotify史上最も再生された曲にもなった。

今年の始めに"One Dance"がMajor Lazerのギガヒットソング"Lean On"の再生回数を追い越したと報じられたが、現在、Rihanna、Kanye West、Justine Bieberを押さえての一位となったDrakeはオールタイムアクトの再生回数を87億回以上とその記録を今だに伸ばしている。

今年のアルバムが出し尽くされてきた現在、各々の年間ベストを考えている人も多いだろう。みんなの今年のランキングにDrakeは何位にはいっているのか?いろんなランキングと照らし合わせて頂きたい。

Via Pitchfork

RELATED

Spotifyがインディーのアーティストが直接楽曲をアップロード出来る機能を追加

今まで、インディーのアーティストが自身の手で楽曲をアップロードするためのプラットフォームはSoundCloudとBandcampが主流だった。しかし今回、世界最大のストリーミングサービスSpotifyが、ディストリビューターなどを通さずに直接楽曲をアップロードできる機能を追加すると発表した。

米国上院議会が音楽プロデューサーにも印税が支払われる法案を可決

9/18に米国の上院議会は、音楽の著作権の改善とストリーミングの収益の分配を見直す法案を、満場一致で可決した。

Def Jamの重役がA&Rの意義について語る

若いミュージシャンがブレイクすることは過去に比べますます簡単になってきている。SNSやSoundCloudのようなサイトなど様々なプラットフォームを利用してインデペンデントな活動を行い、レーベルと契約をしないアーティストも増えてきているなか、レーベルのA&Rがスカウトをするというスタイルは廃れつつあるという意見もある。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。