2016年Spotifyで最も再生されたアーティストはDrake

Spotifyが今年の終わりを目前に2016年に最も再生されたアーティスト、曲、アルバム、ジャンルのランキングを発表した。そこで、アーティスト部門でトップを飾ったのが去年の再生回数18億を超え、今年は47億回以上ストリーミング再生されたラッパーのDrakeと発表された。Drakeは2年連続で最も再生されたアーティストとなる。

Drakeのアルバム『Views』(24億回以上)は今年もっとも再生されたアルバムとされ、また、アルバムの中でも今年のダンスホールブームを代表する曲となった"One Dance"(9,7億回以上)も同じくシングル曲部門でトップにランクインし、同時にSpotify史上最も再生された曲にもなった。

今年の始めに"One Dance"がMajor Lazerのギガヒットソング"Lean On"の再生回数を追い越したと報じられたが、現在、Rihanna、Kanye West、Justine Bieberを押さえての一位となったDrakeはオールタイムアクトの再生回数を87億回以上とその記録を今だに伸ばしている。

今年のアルバムが出し尽くされてきた現在、各々の年間ベストを考えている人も多いだろう。みんなの今年のランキングにDrakeは何位にはいっているのか?いろんなランキングと照らし合わせて頂きたい。

Via Pitchfork

RELATED

Meek MillがDrakeによるディス曲“Back to Back”のビートでフリースタイル

長きに渡ったDrakeとのビーフを解消し、先週リリースした最新作『Championships』も話題となり絶好調のMeek Mill。そんな彼がHot 97の人気ラジオ番組「FUNK FLEX」に出演し、Drakeによる2015年のディス曲“Back to Back”のビートでフリースタイルを披露した。

Drakeが今年SpotifyとApple Musicで最もストリーミングされたアーティストに

今年はDrakeの年だったということだろうか。SpotifyとApple Musicが今年、最もストリーミングされたアーティストを発表し、Drakeが2冠を達成するという快挙を成し遂げた。

Spotify × FNMNLオフィシャルプレイリスト Vol.83 | Meek Mill、Ski Mask The Slump God、BAD HOPなど全35曲を収録

世界最大の音楽ストリーミングサービスSpotifyで展開中のFNMNLによるオフィシャルプレイリスト。毎週リリースされる新譜から、編集部がラップなどを中心に35曲をピックアップし水曜に更新。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。