13歳の息子が好きなラップのプレイリストを見たママが愕然

皆さんも親と一緒に、自分の好きな曲を聴いていて、歌詞が原因で親をびっくりさせてしまった経験はあるだろうか?

そんな経験がある人もない人も、下の動画をチェックしてほしい。

現在Twitterで大人気のこの動画は、13歳の息子の好きなラップチューンのプレイリストを聴いた、母親の一部始終を捉えた様子だ。この動画の中ではD.R.A.M.のスマッシュヒットチューン"Cash Machine"やKanye Westの"Father Stretch My Hands"などがプレイされており、歌われるリリックに使われている過激な単語にあからさまに呆然とする母親の様子はわかりやすすぎる。

その後母親が息子に対して「こういう音楽はあなたの脳に影響を及ぼす。クソみたいな音楽で、あなたは精神異常にさせられるわ。この気持ち悪い曲はセックスのこととかを歌ってる。あなたはこれをいいと思ってるの?」と諭しているところで終わっている。

まさに堅い親の典型といったリアクションだ。忠告は聞かずにこれからもラップを聴き続けてほしいと思う。

RELATED

tofubeatsが本日リリースの"RIVER"のティザームービーを公開 | 映画『寝ても覚めても』のシーンを使用

tofubeatsが10月にリリースするニューアルバム『RUN』から、濱口竜介監督の映画『寝ても覚めても』の主題歌となっている"RIVER"を本日先行リリースした。

渋谷の街頭ビジョンを用いた『NEO SHIBUYA TV』にアート作品を紹介する番組が登場

渋谷の9機の街頭ビジョンを用いて、広告だけではない映像作品を輩出し、新たな街頭ビジョンの可能性を、創造の分野で追求するプロジェクト『NEO SHIBUYA TV』。

tofubeatsのニューアルバム『RUN』から映画『寝ても覚めても』の主題歌"RIVER"の先行リリースが発表

10/3(水)に4thアルバム『RUN』をリリースするtofubeatsが、収録曲で映画『寝ても覚めても』の主題歌である"RIVER"の先行リリースを発表した。 この楽曲は『寝ても覚めても』の濱口竜介監督の前作『ハッピーアワー』に、tofubeatsが深く感銘を受けたことが縁で書き下ろしたこれ...

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。