世界最大オンライン辞書サイトが2016年を代表する単語として「xenophobia(ゼノフォビア)」を選出

オンライン英単語辞書サイト「ディクショナリー・ドットコム」が2016年を代表する単語として「xenophobia(ゼノフォビア)」を選んだと発表した。

by Yoshimi Hayashi

xenophobiaは「外国人嫌悪(がいこくじんけんお)および外国人恐怖症(がいこくじんきょうふしょう)」と訳され、外国人や異民族などアウトサイダーと見られている人や集団を嫌悪、排斥あるいは憎悪する気質を指す。

xenophobiaの単語検索が激増したのは6月24日、英国の国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決まった翌日だった。続いて6月29日、米国のオバマ大統領が共和党のドナルド・トランプの発言に関してこの用語を使った時である。

トランプは大統領選挙選中、不法移民や女性に関する発言から、人種差別主義者、ミソジニスト(女性蔑視の人たち)、バーサー(オバマ大統領の出生地はアメリカではないと主張する人たち)などと批判されていた。

英国、フランス、ドイツ、米国など世界の移民政策が揺れた2016年だが、昨今の日本でも表面化し、問題提起されている「ヘイトスピーチ」、「レイシズム」もまた、xenophobia(ゼノフォビア)が象徴する世相を反映しているのかもしれない。

1年間の世相を表す言葉といえば、ユーキャン新語・流行語大賞(自由国民社)の2016年の大賞が、明日12月1日(木)午後5時に発表される。

PPAP、(僕の)アモーレ、都民ファースト、EU離脱、トランプ現象など30語がノミネートされているが(ノミネート30語はこちら)
差別、ヘイト、xenophobia(ゼノフォビア)にまつわる言葉は見当たらず、殆どが芸能や日本経済に関するものだ。

2016年の象徴としてディクショナリー・ドットコムが提起したxenophobia(ゼノフォビア)という言葉についてこの機会にもう一度、世界情勢と照らし合わせながら考えてみたい。

RELATED

Rihannaがトランプ大統領が自身の楽曲を無断で使用したことに対してキレる

先日、Pharrellがトランプ大統領に対し、自身の楽曲“Happy”を演説の際に使用しないよう求めたというニュースがあったが、またしても同じようなことが起きた。

Supremeがトランプ大統領による性的虐待の告発者に捧げるTシャツを発表

SupremeとフォトグラファーのRichard Princeが、トランプ大統領による性的虐待の被害に遭った18人の女性たちをフィーチャーしたTシャツを発表した。

Pharrellがトランプ大統領に対し、演説の際に自身の楽曲"Happy"を使用しないよう求める

アメリカではまもなく中間選挙が行われる。アメリカ国民がトランプ大統領にどのような審判を下すのか世界中の注目が集まっているわけだが、トランプも良い結果を得るために、各地で集会を開き演説を行っている。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。