うつ病と自殺願望と闘うKid Cudiが、サポートしてくれる人々に対する感謝のメッセージを発表

今年9月にラッパーのKid Cudiはうつ病や自殺願望の治療をおこなっていることをSNSで発表した。

 

その後最新アルバムでCudiをフィーチャーしたTravis Scottなどが相次いでCudiをサポートする文章を発表した。そうしたサポートに対してCudiが自身のFacebookページ上で、感謝のメッセージを発表した。

CudiはTravis Scottやステージ上からシャウトアウトをCudiに対して送ったKanye West、Cudiの最新シングルをプロデュースしたPharrell、A$AP Rocky, Willow Smith, Jaden Smithやファンに対し熱いサポートを感謝し、こう述べている。

「おれが調子が悪い時に、心をオープンにしてくれて、サポートをしてくれてとても感謝している。みんなに知って欲しいんだけど、そのサポートがおれが世界にいる意味だった。おれはなにも持っていないけど、あなたたちに愛をあげたい。言葉では説明しきれないくらい、あなたたちのサポートはおれの心を強くしてくれた。おれはもっと良い日々を楽しみにしているよ。気分は最高で新しい自分になった感じだ。みんなと会ってハグできる日を待ちきれないよ」

Cudiは先日Pharrellがプロデュースしたニューシングル"Surfin"をリリースしたばかりで、今後の新作アルバムのリリースを期待したい。

RELATED

Kid Cudiが自身のメンタルヘルスについて語るのを恥ずかしいと思っていたことを明かす

Kid Cudiといえば、メンタルヘルスについてラップするラッパーの先駆けとして、様々なアーティストからリスペクトを集める存在だ。

Pharrell WilliamsがKanye Westに「幸福を祈る」と呼びかけ、Kid Cudiを「自分にとって史上最高のラッパー」と絶賛

Complexにて公開されたインタビュー動画で、Pharrell WilliamsがKanye WestやKid Cudiについて語っている。

Kid Cudiがかつて持っていた自殺願望について語る

メンタルヘルスについて歌うラップの先駆けとして現在多くの若いアーティストからリスペクトされているKid Cudi。2016年に鬱病を患っていることを告白しリハビリ治療を行っていた彼が、その経験をGQの記事にて語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。