Beastie BoysのAd-Rockが、故MCAの名前がついた公園でのアンチ・ヘイト集会で、ヘイト撲滅を訴える

先週の金曜日NYにあるBeastie Boysの元メンバーで2012年にガンで亡くなったMCAことAdam Yauchの名前がついた公園に、ドナルド・トランプを支持するメッセージと、ナチスのシンボルマークである鉤十字が描かれていた。MCAはナチスに迫害を受けたユダヤ人である。これはドナルド・トランプが新大統領に選出されて以降、頻発しているヘイトクライムに同調するものとみられている。

 

そしてこの事件の発覚から24時間たたないうちに、NY州選出の上院議員Daniel Squadronが、事件のあった公園でヘイトに反対する集会を、11/20に開催することを発表。その集会が昨日催された。

集会には500人以上が参加、子供も参加し、鉤十字が描かれていた場所にはハートマークなどがデコレーションされた。

またBeastie BoysのメンバーAd-Rockがスピーチを行い、ヘイト反対の意思を示していく重要性を語った。

Ad-Rockはまず集まってくれた500人以上の人々に感謝を示し、「子供用の公園に鉤十字を描くのはとてもひどい行いだ」と語り出した。「私たちの多くにとっては、この公園には特別な意味がある。この公園がAdam Yauch(MCA)の名前が付けられているからだ。Adamは私の30年以上の友人で、音楽や彼の人生を通じて非暴力を説いてきた」とAd-Rockは亡き友人について語るとともに、その彼の名前がついた公園に鉤十字を描くことの非道さを話す。

さらに最近起きている一連のヘイト・クライムを紹介したAd-Rockは「私たちは子供に人種差別を行ってもいいというメッセージを与える大統領を選んでしまった、これは真実なんだ」と語り、「私たちはヘイトに対して立ち上がらなければならない。もしあなたが寄付ができるなら、Black Lives Matterに寄付してほしい、プランド・ペアレントフッド(アメリカで人工妊娠中絶手術、避妊薬処方、性病治療などを行っている医療サービスNGO)に、United Way of Flint(進学率をあげるための活動を行っている団体)にしてほしい。あなたができることをしてほしい、抗議ができるなら抗議を、ボランティアができるならボランティアを」と個人個人ができる範囲でヘイトクライムの撲滅につながることをやろうと訴えた。

最後に「もしあなたがミュージシャンなら、アンセムを作ろう。あなたが最も得意とする領域で動こう」と続け、最後に「目を開いていよう、一緒に立ち向かおう。私はドナルド・トランプのアメリカを拒否する。ブルックリン、ブロンクス、クイーンズ、スタテンアイランド、この公園からマンハッタンのてっぺんまで。黒人も白人も、NYよ、やってやろうじゃないか」とAd-Rockはパワフルなスピーチを締めくくった。

Ad-Rockのスピーチは下の動画で見ることができる。

RELATED

Donald Glover激似の人物がBeastie Boysの2006年のコンサート映像内で発見される

14年以上前にBeastie Boysがマディソンスクエアガーデンで行なった公演が『Awesome;I Fuckin’Shot That!』というドキュメンタリーになっている。この映像は手持ちカメラを渡された50人の観客が撮影したもので、この撮影方法は結果的に独特、時には無作為にコンサートを映した。そして今、その中のある一つのシーンが多くの関心を集めた。

Beastie Boysがデビューアルバム『Licensed To Ill』リリース後に解散の危機に陥っていた過去を明かす

白人ラップグループの先駆けとして、またその革新的な音楽性によって後世に強い影響を与えたBeastie Boys。三人の息の合ったマイクリレーが特徴なグループだけに仲の良いイメージが強いグループだが、かつてはそうではなかったようだ。

Beastie BoysのAd-RockとMike DがEminemのニューアルバム『Kamikaze』のアートワークについて語る

先月末にリリースされてからというもの、数多くの若手ラッパーへのディスなど話題の尽きないEminemのニューアルバム『Kamikaze』。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。